宇宙でトイレ修理

 国際宇宙ステーションのスタッフたちは、今までになく苛々しながらディスカバリーと仲間の到着を待っているにちがいない。

 宇宙ステーションの特殊トイレが使えないからだ。
 
d0051212_2315031.jpg ディスカバリーがステーションに到着してから最初の任務は、新しいポンプや他の部品を設置することだ。

 三人のスタッフは、一週間はビニール袋で用を足さなければならないという。

 NASAによれば、ステーション駐在スタッフが現在の3人から6人に増えると、2台目のトイレ一式を送る必要があるのだそう。

「来客があるのに、たった一つしかない特殊な装置が壊れているのだとしたら。しかもそれは、誰もがきちんと機能して欲しいという装置なんですよ」とAllard Beutel。
 
 1回の宇宙ステーション滞在で、トイレは約10人の飛行士が使用する。(Radio-CANADAの記事より一部抜粋)

 関連記事:25億円のトイレ・・・←(クリックすると別記事が開きます)こんなのもありました。宇宙トイレの写真も。

>>トイレって結局のところ、どこへ行っても、誰にでも付きまとう問題ですな。さすがの宇宙飛行士さんだって・・・。
[PR]

by sitejm | 2008-05-31 22:57 | 科学