月で花が咲く

 月で花を咲かせる。

 欧州宇宙開発機構附属研究所の科学者たちの研究チームは、最近まで、ありえない、このアイデアに固執してきた。

 欧州宇宙科学技術研究所(Estec)の生物学者たちは、植物のキンセンカが月の表面と類似した岩盤でも、成長することを証明した。

 月世界のキンセンカは、成長するために肥料も要らないのではないか。
 研究者らは、そう考えており、地球の衛星、月世界で植物を育てることは、月への移住の第一歩につながると考えている。
d0051212_22301315.jpg
 しかしながら、意見はさまざまだ。
(←左は普通の土で育てたキンセンカ、右は月表と類似の条件で育てたキンセンカ)

 ASE責任者は、ただのサイエンス・フィクションだと揶揄する。
 
 しかしながら、ESTECのベルナール・フォーイングにとって、月での植生が成功すれば、自然にできた衛星の劣悪な条件下でも、生物を如何に適応させられるかどうか、もっと解明できるとだろうと考えている。

 いくつかの植物は、すでに宇宙ステーションで芽を出している。

 しかし、これまで月表に種を撒いた者は誰もいない。

 今日まで、地球上で耕作を行う限り、地表に施肥することは免れなかった。

 欧州で行われたこの研究では、月面では、肥料をまかないでも、目的が達成できることが分かった。水と人工空気さえ、あれば・・・。

 この研究結果は、オーストリアはウィーンで開催される地球科学欧州連合の会合で発表されている。(Radio-CANADAより)

>>「星の王子様」で、王子の星に、薔薇が咲いていた理由がわかりました。
 うそぴょん。

[PR]

by sitejm | 2008-04-22 22:31 | 科学