ごみ発電

 オタワのプラスコ社は、ごみ発電に初めて成功した。
 
d0051212_1704363.jpg これまで、プラスコ社では、テストを何度も行ってきたが、結果は必ずしも決定的ではなかったのだそう。

 しかし、この木曜日、オタワ州上院議員ロッド・ブライデン氏が前のオーナーだった企業近隣のTrail通りでデモンストレーションが行われた。  

 地域のごみが、多少なりとも電力に変換することが出来たのである。
 これらは、ハイドロ・オタワに売電される。 
 
 プラスコ社のオーナーは、すでにプラスコ社は、ごみ発電が軌道に乗るための次のステージに上がる準備が出来ている、と考えている。(Radio-CANADAより)

>>この記事だけでは、ごみ発電って今頃・・・という感じですが、プラスコ社は、ゴミから水素を取り出す、という実験も手がけているそうです。安全なものだといいですな。
 ってか、家庭用ごみ発電機が発売されたら、原油価格の高騰も、それほど怖くないかもしれません。

[PR]

by sitejm | 2008-02-09 17:00 | エコロジー