海底観測所

 Île de Sein 船が、電話通信用の何千キロ分ものケーブルの這う世界中の海底を開拓する。

 d0051212_2131186.jpg船は科学的な使命に備え、現在、ブリティッシュコロンビアのバンクーバー島に着岸している。
 舟艇にはネプチューンプロジェクトの脊髄とも言うべき900kmほど光ファイバーケーブルが搭載されている。ネプチューンプロジェクトとは、世界初の永久的な海中観測所建設計画である。
 Île de Sein 船が太平洋の底に何キロメートルものケーブルを設置するには、少なくとも二ヶ月ほどかかるだろう。

 計3,000kmのケーブルが2,000mもの深海に敷設される。そこには、メタンハイドレードや、異質の魚類やそのほかの生物が生息しているのだ。この地域は、連続的に海底地震が発生している場所でもある。
 ネプチューン観測所の建設は、来週から開始される。プロジェクトは2004年から開始され、海底のデータを画期的なロボット観測機や写真、ビデオ、高度解析ビデオなどを用いて集積している。

「こうした技術のお陰で、365日中、24時間中、情報を集積できるのです。塩分濃度、水圧、温度、そして写真やビデオなどの全ての情報を、です。」と、ネプチューン・カナダ事務局の管理者Benoît Pirenneはいう。
 太平洋の活動記録や地震学のサマリーなどはオンラインで30箇所の研究所に送られる。
 これらは、気候変動上の研究をさらに進めるのに重要な情報だ。
 また、海溝にある、天然資源や、動植物の新たな発見につながるだろう。
 
 これらの情報は科学者たちだけでなく、一般人もオンラインで見ることができる。とはいうものの、ネプチューン観測所が各地に科学的データを送るようになるのは、2009年のことだ。
 建設に関しても、ネプチューンは、欧州、アジア、合衆国の同様の海底観測計画のモデルとなっている。(Radio-CANADAより)

>>海底の様子、一般人が見ても、はーーん、って感じで終わるような気も。それにしても、マニアックなネタですみませんねえ。図はわてくしの永遠の愛読書「海底二万海里」から。
[PR]

by sitejm | 2007-08-26 20:58 | 科学