冬生まれの方が良い?

 「長期間に渡り、子供が光に曝されると、近視になりやすくなる」とイスラエルのテルアビブ大学の研究者Michael Belkinは結論付けている。

d0051212_942751.jpg この結論を得るに当たり、2000年から2004年の間、276,911人の10代の子供たちについて調査がなされた。その結果、6月、7月生まれの子供は、12月、1月生まれの子供たちより近視になるリスクが24%も高いことが分かった。
 さらに、6月、7月生まれの場合、強度の近視の発症率は9.2%、普通の(jm:?)近視の発症率は2.6%であった。一方、12月、1月生まれの場合はそれぞれ8.4%と2%であった。
 この差は、非常に重要であると彼らは考えている。

 生まれたときの日の長さが長いほど、近視になるリスクは高い、と研究者らは述べている。

 なお、この結論は極度に単純化されたものであることから、研究者たちは、近視には他の要因、たとえば遺伝などの影響もあり、生まれた季節が強度近視の要因となるのは、2.2~5.6%程度の影響しかないと強調している。 (Radio-CANADAより)

>> 子供の頃は、「3月生まれの子供はアホー」と、5月生まれの幼馴染に馬鹿にされましたものです。3月生まれで悪かったわね。年取った今は、ちょっと出遅れててありがたいこともありますが。
[PR]

by sitejm | 2007-09-02 08:56 | ヘルス