モナリザの声

 マダム・ジョコンダとレオナルド・ダ・ヴィンチの声が復元された。

 日本の研究者らは、世界的に有名な女性と画家の声紋を復元するため、彼らの体形を分析した。
 彼らは犯罪捜査の中で使用される最新の音声技術を用いた。

d0051212_23242052.jpg その結果は日本マイクロソフト社のサイト上で、映画「ダ・ヴィンチ・コード」のプロモーション動画として公開された。
 研究者らは、その技術によって、本物の声と同じかほとんど違わないほど正確に復元されたと考えている。
 
 この研究に加わった鈴木松美はモナ・リザの身長は168cmくらいだったと推定する。
 そのため、女性にしては声紋がやや低く復元されている。
 また、鼻の形態から、やや鼻にかかった声ではなかったかと考えている。

 レオナルド・ダ・ヴィンチについては、イタリアの画家による有名な自画像から声が復元された。その絵では彼は長く白い髭を生やしており、60歳くらいではないかと見られる。

 彼の顎の大きさや角ばった形から、柔らかく低い声紋だったと研究者らは考えた。d0051212_23242922.jpg
 
 ジョコンダ婦人とレオナルド・ダ・ヴィンチの声は、日本マイクロソフト社のサイト上で聴くことができる。

>>そのサイトというのはこちら。聴いてみましたけれども、そうだといわれれば、そう聴こえますわな。
 でも、こういうのは楽しい科学で好きです。
 そういえば、子供の頃、学研の「科学と学習」で聖徳太子や紫式部の声を復元したテープというのが付録についてましたっけ。今でもあるのかなあ。
[PR]

by sitejm | 2006-05-20 23:57 | 科学