我々はゴリラの言葉を話している

d0051212_2147311.jpg 人間の言語の基礎は、より複雑な道具を使用することによって得られた賜物である。

 研究者らは、人類に近い類人猿たちが個々の言葉しか理解できないのに対し、なぜ人間が複雑な文章を理解するのかを解明しようとしている。

 科学者たちはこれまで、我々人類の会話能力は、文章の中で言語を階層的に組み立てる能力に始まったと考えてきたライプチヒのマックス・プランク研究所のチームは、人間の脳には言語処理を司る2つの領域があることを解明した。

 単純な言語構造は、2つの領域のうち、類人猿なども持つ古い型の方でも処理することができる。しかしながら、さらに複雑な文章構造になると、現代人のもつ新しい方の脳内でしか処理できないのだという。
[PR]

by sitejm | 2006-03-04 21:47 | 科学