金メダルの影に

 未だARAKAWA効果冷めやらぬ日本。
 スポーツ観戦に興味なし、ウィンタースポーツにいたっては無関心・・であった私ですら、彼女の演技にはカルガリー五輪のカタリーナ・ビット以来の感動を覚えました。(以下、写真はyahoo!USAより)
d0051212_022433.jpg

 違う方向を撮ってるカメラマンもいたりしますが・・。

 どの種目においてもメダルの色、あるいはメダルの有無で、いろんな思いがあったろう、と感情移入したのも今回の五輪。

 ↓年齢や病気のこともあり、なんとしてでも金を上げたかったスルツカヤ。
 一方で、この人が金を獲れば自分にとっては当たり前すぎて、案外どーでもいい五輪になったかも。
d0051212_0223548.jpg

 銅のメダルを掲げる横顔が少し、さびしげです。


 ↓コーエン嬢がSPで登場したときは、自信満々の表情に圧倒された。
 シルバーコレクターの異名は絶対に返上する、と感じたほど。
d0051212_0292617.jpg
 
 まだ若いので、次がある。がんばるのだよ。


 ↓エキシビジョン前にウォームアップ中の村主選手。
 今、日本で一番、悔しい思いをしているのは、彼女ではないだろうか。メダル候補として期待されていたのもこの人のはずだった。荒川人気の一方で、彼女のことに何も触れないのは、なんだか浮気でもしているような気分になる。
 ただ、今回の演技は、ベテランさんだけに、ちょっと計算不足だったのかなあ・・と残念なところも。
 
d0051212_0311024.jpg

 でも、村主がいなければ、日本選手が金メダルを取ることは決してなかった。
 ボトムアップがあったのは、この人による功績がとても大きいはず。

 祝!荒川!金メダル特集!?
[PR]

by sitejm | 2006-03-01 00:38 | 今日の個人的お話