007 Spectre

 誰も読んでいないブログだけれど、

映画を観たら、自分用のログとして残しておこう。

d0051212_1643775.jpg
 TVのCMを観る限り、かなりの観客動員数のようですが、

自分としては、前作Skyfallほどには心が動かされませんでした。

・・・以下、概要・(007 com.より)・・・・

 少年時代を過ごした ”スカイフォール” で焼け残った写真を受け取ったボンド (ダニエル・クレイグ)。その写真に隠された謎に迫るべく、M (レイフ・ファインズ) の制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは殺害された悪名高い犯罪者の元妻であるルチア・スキアラ (モニカ・ベルッチ) と出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。

 その頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビ (アンドリュー・スコット) がボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニー (ナオミ・ハリス) やQ(ベン・ウィショー)の協力を得つつ、スペクター解明のてがかりとなるかもしれないボンドの旧敵、Mr. ホワイト (イェスパー・クリステンセン) の娘マドレーヌ・スワン (レア・セドゥ) を追う。

死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫る中、ボンドは追い求めてきた敵と自分自身の恐るべき関係を知ることになる-。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 映像的には、いつも見たことのない光景を見せてくれるという意味では、素晴らしかったです。
d0051212_165449.jpg

 さらに、観たことのない光景であるのに、カジノ・ロワイヤルや、クァンタム、スカイフォールを観ていた人の方が、より楽しめるシーンがぎっしり入っているように思われました。

 もちろん、観ていなくても面白いと思います。

 ただ、007のファンは、自分が観た劇場でもそうでしたが、私(40代)でも、若年層か??と思うような年代の観客が多いようでした。

 こういう世代の楽しみ方って、

いわゆる、水戸黄門のような、遠山の金さんのような、

「よっ!待ってました!」

的なシーンが好きなんじゃないかと思います。
d0051212_1654264.jpg

 いつの時代にも。

 そういう意味ではファンへのプレゼント感満載で、感動しました。

 ただ、ストーリーとしては、

ボンド、そんなにいろんなものを壊さないとターゲットを捕まえられないって、

実はあんた、有能じゃないのでは・・・・・・?

と思うような場面もありました。

 「C」っていう新たな司令塔の存在もイマイチだし、

剛力の殺し屋みたいな人も、意外に簡単に死んじゃったし。

 拷問の仕方が、今風なのかどうかわかりませんが、

カジノ・ロワイヤルの、ロープでアソコをぶん殴る、

という方がよっぽどインパクトがありました。

 敵も髪を振り乱して、ハアハア言いながらやってたし、

ボンドも瀕死の痛手を負いながら、

なぜか二人ともとても魅力的に見えるシーンでした。


 Spectreでは、

そこまでやって、損傷ないんかい?!

と、観る側に恐怖を与えるだけの拷問シーンで終わったように思います。

 あと、ダニエル・クレイグvers.の007は

男性好みなのかもしれませんね。


 確かに、ダニエルは足が長くないし、

筋肉が発達しすぎて、

類人猿的な動きに見えることもあるし、

顔も、美形ではないし、

時々は悪役に見えるような人相だし、

ゴルゴ13に近いような007像。


 そのせいか、

ラストは、そういうことですか、

という終わり方でした。


 給料(報酬かな?)もらって働いている身で、

前の上司への忠義として、職務外のことに必死で身を削り、

最後は、まあそう来たら、楽しい老後ですね^^

って感じ。

 Spectreは、男の夢を描いた映画なのかもしれません。

 そういう意味で、あんまりおもしろくなかったのかも(笑)
[PR]

# by sitejm | 2015-12-05 16:13 | たまには映画を

【映画】The Towering Inferno

d0051212_14363740.jpg 以前から何度も見ようとして、挫折してました。 昔の映画は冒頭が、のんびりして、入りにくいからです。

 でも、早送りで見てみたら、こんなドキドキする映画はありませんでした!
*******あらすじ(参考:映画.com)*******
 サンフランシスコの空にそびえ立つ138階建ての世界一高い超高層ビル“グラス・タワー”が落成の日を迎えた。
 設計者のダグ・ロバーツ(ポール・ニューマン)は、大きな仕事を終え、コンクリートの大都会からのがれ出て、大自然に移住しようと考えていた。
 ところが、突如、
グラス・タワーの地下の発電機が故障し、その結果、81階で火災が発生。
 グラス・タワーの配線工事がロバーツの設計通りに行われていなかったためだ。
 ロバーツはビルのオーナー・ジム・ダンカン(ウィリアム・ホールデン)に落成パーティーの中止を申し入れたが、ジムの対応は遅い。通報を受けた消防隊の 隊長のマイケル・オハラハン(スティーヴ・マックィーン)は、ロバーツにタワーの設計を確認しながら、パーティの参加者の脱出方法を検討する。
 参加者たちは、135階からエレベーターを使って降りようとして大混乱。
 聾唖の居住者、情事にふけっていたカップルにも火災は忍び寄る。
 やがて、火災が広がり、エレベーターも人を乗せたまま燃えてしまう。屋上からの救出を試みるヘリコプターも・・・
********************************

 1975年の時代に、よく、こんなスケールの大きい映画が作れたなあ。
 火災の映像も、爆発して壊れた階段を降りるポール・ニューマンたちの動きも、真に迫っている。
 特撮だなあ、と感じるのは終りの方でヘリコプターが出てくる場面くらい。
d0051212_14365528.jpg
 どうやって高層ビルの火災を外側から撮ったのだろう、と不思議に思っていましたが、高さ20m以上にもなる模型を作って演出されたそうです。撮影スケールもでかい!
 
 この映画は、当初、別々の配給会社が予定していた映画を1本にまとめてできたそうで、出演者も当初案から変わったりしたそうです。

 スティーヴ・マックウィーンは当初案では建築家役だったそうですね。
 しかし、熱血の消防士役がとても合っていました。
 
d0051212_14364549.jpg
 007のダニエル・クレイグとマックィーンが似ているといわれていましたが、この映画を見ると、本当にそう思います。
 


[PR]

# by sitejm | 2015-05-03 14:21 | たまには映画を

【映画】少林寺2

 
d0051212_13510917.jpg
少林寺って激しく真面目な映画かと思っていました。
 
 それがまた、観てみたら、本当に子供から大人まで楽しめる、いい感じの映画なんですよ。

***以下、あらすじ***************
 男だけの少林派一家と女だけの武当派・鳳一家。
 川を挟んで対岸のお隣さん同士のはずなのに、鳳一家は少林派を嫌っている。
 しかし、男手一つで、盗賊たちに親を殺された三龍(ジェット・リー)ら8人の子供たちを育ててくれた父・天龍のため、三龍らはなんとか武当派の娘たちと仲良くなろうと四苦八苦。しかし、持参金がないため、鳳家の鮑は、天龍と長女・大鳳との結婚を認めない。
 そうこうしているうちに、少林派にかつて撃退された盗賊たちが鳳一族の財産と娘たちに目をつけ、鳳村に忍び寄ってきた・・・
***************************

 昔の映画らしく、細かな笑いがちりばめられています。

 衣服のお尻のところがばっくり割れる、っていうべたなネタもありますが、全体の雰囲気として、かなり明るく笑えます。

 かつ、アクションが、今と違って、実録だから、見ごたえがある!
 女性の演技もアクションも素晴らしいです。
 中国だからこそできた映画だと思います。


 また、ジェット・リーの笑顔がさっぱりして、さわやかでいいんですよ。
d0051212_13511667.jpg

[PR]

# by sitejm | 2015-05-03 14:03 | たまには映画を

ノロウィルスは離れていても感染する!?

 ノロウィルス(jm注:Norovirusなんですね、英語でも)は世界でも胃腸炎の50%以上を発症させている細菌だ。
 ラヴァル大学の研究によると、ノロウィルスは、数m離れているところでも空気感染する可能性があることが分かった。

 この研究結果によって、ノロウィルスは、胃腸炎の集団発生時のこれまでの対処手法では、不十分であることが示された。
d0051212_13475566.jpg
 胃腸炎は胃や腸の粘膜の炎症で、これによって下痢や嘔吐が引き起こされる。
 これらはバクテリアや寄生虫、また、ウィルスによって生じる。
 今日まで、衛生分野の専門家らは、手洗いなどの簡単な衛星措置で、伝染が防げると考えていた。

 キャロライン・デュケインらは、8つの病院や保健所において、胃腸炎に罹り、長期治療を受けている患者について、研究を行った。
 彼らは患者の入院室の入口とナースステーションの入り口において、1m3の空気をサンプリングした。

 調査の結果、ノロウィルスは、8院中、6院でノロウィルスの存在が確認された。

 これらのウィルスの存在は、胃腸炎患者の室内のうち54%、患者の部屋への廊下のうち38%、そしてナースステーションの50%において確認された。

 ウィルス濃度は13~2,350/m3であった。
 胃腸炎は、通常、20/m3で十分に発症する。

 デュケイン教授によると、こうした伝染過程から、なぜノロウィルスの集団感染を事前に防止することができなかったかが説明できるという。

「病院で採られている措置は、感染患者との接触を制限するだけであった。我々の研究結果から、ノロウィルスの空気感染を考慮し、対処手法を見直す必要があると考えられる。」とデュケイン教授。

 移動式の空気濾過設備の導入や、患者の周辺では呼吸器のプロテクターを付けるなどの方法があるという。
 
 今後、これらの効果が検証されるべきだ。

 この研究の詳細は「臨床感染症誌」に掲載されている(Radio-CANADAより翻訳)

>>家庭での感染防止は難しそうです。

[PR]

# by sitejm | 2015-05-03 13:45 | ヘルス

Melody ~小さな恋のメロディ~

 高校生くらいの時から、何度か見て、今回見たのが3度目くらい。それd0051212_21572753.jpgでも、大人になってから見る子どもの恋って、とても新鮮。
*****あらすじ****(参考:Movies.COM)******
 ダニエル(マーク・レスター)とメロディ(トレーシー・ハイド)は恋に落ちた。そして、両親に結婚する、と宣言した。
 遠い未来でなく、今すぐに結婚したい二人。彼らの願いはすぐに周囲に知られてしまう。ダニエルの親友オーンショー(ジャック・ワイルド)は、ダニエルがメロディに夢中になったことが面白くなかいが・・・・・・
******************************

 ダニエルを演じるマーク・レスターの女の子みたいな端正な顔立ちと弱弱しさが、子供なのにワイルドな、オーンショーを演じるジャック・ワイルドによって引き立つ。

 不良っぽい振る舞いのオーンショーだけど、友達になったダニエルのことを大切に思う気持ちが彼のいろんな言動に伺える。

 子供って、残酷な割には、好きな気持ちがストレートで可愛いね。

 メロディを演じるトレーシーは、小学生なのになぜか色っぽい。
 とびっきりの美人でないのに、大きくて透き通った瞳と唇が美しい。
 ダニエルより精神的には大人な感じ。
 
 ところが、最初、おどおどしていたダニエルなのに、メロディに恋した途端、自分の意見を主張して、彼女を雨から守ろうとする男らしさが見えてくるのだ。
 
 メロディとダニエルが学校をさぼって二人でデートしたので、メロディの家族が彼女を諭しているシーンが印象深かった。
 メロディのお父さんは、酒好きのおしゃべり好きで、人の好さそうな、どこか頼りなさそうなパパ。
 はげていて、太っている。

 その彼がメロディに、
「ダニエルはとてもいい子だと思うが、結婚するには、まだ若すぎるんだ」
「お前にはまだ教えなければいけないことがたくさんあるんだ」
等々、一生懸命説明する。

 メロディは、
「ただ、二人でいたいだけなの。幸せになりたいだけなのに、どうしてそれを願ってくれないの」
と返すのだ。

 そうなんだよ。
 ただ二人でいたいだけなのに、いろんなことがそれを邪魔するんだ。


[PR]

# by sitejm | 2015-04-05 22:14 | たまには映画を