Central do Brasil  ~セントラルステーション~

 d0051212_21062997.jpg 多分、初めて観たブラジル映画です。
*******あらすじ*************
 元教師のドーラは、リオの中央駅(セントラルステーション)で文字を書けない人のための代書人をして生活している。実は彼女は、友達のイレーネと、代書した手紙を勝手に読み、笑ったり破り捨てたりするばかりで、発送していなかったのだ。
 ある日、男の子ジョズエとその母親アンナがやってきた。アンナは大酒のみの夫から逃げて、リオで暮らしているようだ。しかし息子のジョズエが父に手紙を書けというので、ドーラに頼みに来たのだった。
 2度目の手紙を書いた直後、アンナは交通事故で無くなってしまう。身内のいないジョズエ。リオは危険な町だ。親のいない子の身は危険にさらされている。見かねたドーラは彼女を嫌がるジョズエを連れ、ジョズエの父に会いに行く。
**************************

 あらすじだけ読むと、ドーラは割といい人っぽい。
 実のところは酒のみで、かなり善悪の区別が危うい人。
 
 この人の、老いて美しくはない容姿と、薄茶けてごみごみしたセントラルステーションの様子から始まるこの映画は、美しくは見えません。

 しかし、ジョズエを連れて、長い旅に出て、いろんな町で、いろんなことが起こって、それらを観ているうちに、観るものすべてが美しく見えてきます。

d0051212_21295490.jpg 砂漠のような町の様子も美しいし、祭りのオレンジ色のランタンが画面いっぱいにひしめいている中をドーラが横切る様子などにも私は心を奪われました。

 意地っ張りのジョズエと口の悪いドーラの掛け合いもいいのです。
 
 ときどき、9歳のジョズエが見せる男らしさも光るのです。

 そして、なんといっても、「間」の素晴らしい映画だと思います。
 
 ジョズエが山を歩いたり、砂漠をとぼとぼ歩いたりする間で、彼の気持ちと観る人の気持ちを一体化させているように思いました。
 
 ラストは冷静に考えたらハッピーエンドなのですが、少し、もの悲しいです。



d0051212_21300683.jpg

[PR]

by sitejm | 2015-01-12 21:22 | たまには映画を

Love in the Afternoon~昼下がりの情事~

 d0051212_22272137.jpgヘプバーンの有名な映画の一つですが、こんなにきれいな映画だったとは!
***以下、あらすじはallcinemaより転載****
 私立探偵クロードの娘アリアーネは、父親のファイルから、アメリカの富豪フラナガンの資料を盗み読み、彼に恋をしてしまう。ある日、フラナガンに逢う機会を得たアリアーネは、恋愛に慣れたプレイガールのフリをして彼に近づくが……。B・ワイルダーによる、オシャレなラブ・ロマンス。
**************

 ハリウッド映画を見慣れた現代人にとって、古い映画はモノクロで、ちょっとスピードが緩い。

 だから、途中で少し、観ている気持ちがたるんでくるのです。
 
 登場人物も極めて少ないしね。
d0051212_22271260.jpg 激しいエッチシーンがあるわけでもないし(笑)

 でも、ゲーリー・クーパー演じるフラナガンが、アリアンヌ(と、字幕では書かれていました)に夢中になっていく辺りから、面白くなってきました。

 そのポイントは人によって違うかもしれませんね。

 人助けをしようとしたアリアンヌでしたが、なぜかプレイボーイのフラナガンに夢中になっていくのも、女心の描き方がうまい!

 アリアンヌのお父さんのクロードも、娘につかず、離れず、かつ仕事はできるし、素敵なおじさん。

 以下、少しネタバレになるのでこれから観る方は読まないでほしいです。
(↓意外なところで、日本ネタも出てくるんですよ)

d0051212_22270246.jpg
 

 お父さんが有能な探偵であったばかりに、思わぬ形で、フラナガンに関わることになります。
 でも、お父さんの最後の爽やかすぎるセリフに泣かされるのですよ。
 
 もっとも、あんなに可愛らしいヘプバーンに、あんな風に泣かれたら、ゲーリー・クーパーじゃなくても落ちるだろう、と泣きながらヘプバーンにキュンキュンしました(笑)。

d0051212_22274181.jpg

  
[PR]

by sitejm | 2015-01-07 22:44 | たまには映画を