キム・ヨナ200点超!どうした!?浅田真央・・・?

 年末のGPと、3月末のフィギュア世界選手権を観ているだけで、一年一年が過ぎ去っていくような気がしている今日この頃。
 以下、今、めちゃくちゃに湧いているyahoo!韓国のニュース訳。

***************************

 アラビアの王妃を象徴するような深紅の衣装を身にまとったキム・ヨナが、29日午前、LAステープルズ・センターのリンクの中央に立つと、大歓声が沸き起こった。

 1万8000人あまりの観衆が息を殺して見つめる中、キム・ヨナはFP選曲のシェヘラザードのメロディーに乗って、千夜一夜、果てしなく続くような物語を演じて行った。
 約4分間の演技が終わると、競技場に集うフィギュアスケートのプロも、観客も、一斉にスタンディングオベーション。
 そのとき、LAは天使のいる街ではなく、キム・ヨナの街だった。

◇演技前から誰もがキム・ヨナの勝利を確信
 キム・ヨナは前日のSPでは76.12という世界新記録を獲得し、誰よりも早く優勝圏内に近づいていた。
 競技場を訪れた韓国人たちの足取りも軽い。
 競技が日中に開催されたため、SP当日は競技場を訪れた韓国人は数百人ほど。
 しかし、今日は違った。競技場の最上階まで、3,000人ほどの韓国人が訪れた。
 韓国籍の真善美さん(29)は、「今日はキムヨナが優勝する場面を観に来たのです」と、競技前から優勝を確信していた。

 キム・ヨナの振り付けを担当したのは天才振付師ディビッド・ウィルソン。
 彼は演技の前にキム・ヨナの練習を見ながら、「wonderful!」を連発。
 「わたしが振りをつけたが、彼女は私の想定以上に演じる。私の周りのスケーターらも、彼女を誉めてばかりなんだ」と胸を張る。

d0051212_22504794.jpg

◇ミッシェル・クワンも認めるキム・ヨナの実力

 キム・ヨナの幻想的な演技に魅了されたのは彼女のファンばかりではない。
 アメリカNBC放送の解説者として参加したキム・ヨナのアイドルミッシェル・クワン(米)は、キム・ヨナの演技が行われる間、始終、驚きを表していた。
 放送の中で、彼女は、「プログラムがとても美しく組まれています。ここにいるフィギュアスケートファンは、キム選手の得点には興味はありません。ただ、彼女の演技に魅了されることを望んでいるのです」と述べた。
 「キム選手の次の演技にはもう誰も満足できないほどです」とも。
 
 優勝が確定した直後、クワンは、
「キム選手はすべてを完全に支配しました。彼女はすべてを備えています。芸術性だけではありません。彼女のトリプル・コンビネーションジャンプは驚異的です。美しさと技術力を備えた彼女を超えることは誰にもできません」
と上気した表情を隠せない。

 キム・ヨナが授賞台に上がったとき、彼女に花束を贈呈した女性の姿があった。
 1992年、五輪優勝者で米国の誇る「フィギュア界の伝説」クリスティ・山口だった。
 彼女は、
「いつも進化の余地を残しておく必要があります。絶えず、進化のために努力しなければならないのですから」
と、温かい助言を送った。

 ライバルたちもキム・ヨナを祝福した。
 意外な不振で4位に留まった浅田真央(日本)は、
「キム選手はとても良いライバルです。いつも、私にとって、大きなモチベーションになります」
と述べている。
 2位のジョアニー・ロシェットは、
「今日のキム選手の演技は誰が見ても最高でした」
と拍手を送り、1年後に迫った五輪を見据えて言った。
「明らかなのは、キム選手が最大の競争相手になることです」

**********(ニュース・も一つ)*************** 
 ステープルズ・センターのほかの選手たちは、希望を持つことすらできなかった。

 米国の権威LAタイムスは、29日の世界選手権を次のように報じている。

「ジョアニー・ロシェット(カナダ)の美しく自信に満ちた完璧な演技でさえ、深い印象を残すことができなかった。
 日本の浅田真央と安藤美姫は絶妙のジャンプとスピンを駆使したことすら、記憶に残らない。」
d0051212_2372637.jpg

 圧倒的な点差で優勝したキム・ヨナ(高麗大19)への賛辞である。

 世界フィギュア選手権が開催されたLAの有力紙LAタイムスは、この日、
「キム・ヨナがフリーの演技を終えると同時に、ステイプルズ・センターいっぱいの観衆から、雷のような拍手が送られた。そして、数百人のファンが韓国国旗を振った」
と伝えている。
 
 この日、キム・ヨナは完璧な演技で131.59点を獲得し、前日の世界新記録のSP76.12点との合計207.71点の同じく世界新記録で優勝。
 彼女は夢の得点といわれる200点を突破した。前人未到の快挙である。
 2位のロシェットは191.29点。安藤美姫が190.38点。ライバル・浅田は188.09点に留まった。
 10点~20点差をつけた、余裕の1位である。

 LAタイムスは、キム・ヨナが少しミスを犯したものの、トータルとしては大きな影響がなかった、とし、また、「トリプルサルコーでキムは少しミスしたものの、優雅にまとめた」と伝えた。
 さらに、「完璧だった5つのトリプルジャンプとトリプルフリップ-トリプルトゥーループは、それほど差が見分けられなかった」と付け加えている。
 
 優勝確定後の「五輪直前の最後の世界選手権で優勝することは誰もが願うことです。高得点で優勝して本当に嬉しいです」とキム・ヨナの感想も伝えている。

>>真央たんが二回目のトリプルアクセルを失敗したのは、その直前に「うおー」とかなにやら叫んだドアホが会場にいましたやろ?絶対に、あれが悪かったに違いない。
 真央たん、なんだか一瞬、ひるんでいたもの。あいつが何者かを突き止めて欲しいくらい。

 さて、浅田さんは非常に辛いところだと思いますが、ここで勝つと、なんとなく五輪で負けそうな気がしますから、この悔しさをぜひ、ばねに。

[PR]

by sitejm | 2009-03-29 23:07 | スポーツ

THE BREAK-UP

d0051212_23361310.jpg 「どうしてそんなこともしてくれないの?」
  これが別れの後押しとなった。
 アートディーラーのブルックは、シカゴのバスツアー係員でボーイフレンドのゲイリーと喧嘩し、この台詞を口にする。
 親友や全く見ず知らずの人々からの治療法や戦術、提案の数々を受ける二人。でも、いずれも効果なく・・・。(yahoo!USAから訳)


 普通の夫婦の結婚の始まりから離婚するまでを描いたような映画。
 邦題は良くない(ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き・・・って、なんやねん、それ)

 ジェニファー・アニストンは何度見てもきれいですね。
 一方、一時は彼女とできてたヴィンス・ヴォーンはちょっと苦手なルックスですな。
 でも、人は悪くないけど、ただ無神経な男をよく演じていました。
d0051212_2337154.jpg


 気が合って結婚して、でも女の方の細かな気遣いが分からない悪気のない夫。それにイラつく女。イラつく女が理解できなくてムカつく男。結果として水の掛け合いになってしまうんですよね。なんか、分かります。ほんっとに些細なことで、争いになって、どっちかが玄関のドアをバタンと閉めて、夜中に出て行くことも・・・、ってえらいリアリティありますが。

d0051212_2337020.jpg

 こういうことを経験した人でなければ、全く面白みが理解できない映画かも。

 どうせならドキュメンタリー風にすればよかったのにね。

 ついでに、ラストはなかった方が、ワテクシ的には面白かったんですが。
[PR]

by sitejm | 2009-03-21 23:38 | たまには映画を

脳波も一緒♪

 同じ環境にいるというだけでグループやデュエットで楽器を演奏することはありえない。
 脳内の波長も同じでなければ。

d0051212_23142147.jpg ドイツとオーストリアの研究者らが、ギターを演奏中のギターリストたちの脳波を観察したところ、個々の演奏者らの脳波は一致していたのだそう。
 
 マックス・プランク研究所のUlman Lindenbergerによると、演奏者らの脳内は既に調査されているが、相互作用の調査はこれまで行われていないのだという。

 今回の調査は、ジャズを演奏する8人のギターリストたちに対して行われ、彼らは60分間、同一のメロディを演奏した。
d0051212_23145058.jpg  その結果、まだ彼らが演奏する前、しかもメトロノームを聞く前から彼らの脳波は同一の動きを示していたのだ。
この調査結果はBMC神経科学誌で発表されている。(Radio-CANADAより)

>>かといって音楽グループ(もっとオサレな言い方を知らないので)が、みんな仲良しかと言うと、そういう風には見えないですけどな。よく解散とかするし。サザンとかドリカムとかは仲よさそうですけど。
[PR]

by sitejm | 2009-03-21 23:14 | 科学

北極は誰のもの?

 北極がどの国に属するかという議論は、新たな側面に発展した。

d0051212_22451153.jpg カナダ政府は既に北極のカナダへの帰属を証明するために情報を集めている。
 地図製作用の特殊航空機によって、エルスメア島とグリーンランド島から北極方向へ向かい、どの国が北極周辺の海底域を支配しているかを明らかにするのだという。

 海洋法に関する国際連合条約に基づき、大陸の基線から200海里までは大陸棚とされている。
  
 重力場の変動を分析することによって、大陸棚の限界を示すロモノーソフ海嶺とアルファ海嶺を特定することが出来るのだそう。
 今回の調査に参加するカナダ人の研究者らによれば、海底山脈のような大きな構造物が、著しい重力場を造っているという。
 
 2007年にはロシアは北極に深海潜水艇を送り、海底にロシア国旗を建てている。d0051212_22452173.jpg
 
 カナダの外務省大臣ピーター・マッケイは、この行動は15世紀の軍隊レベルだと感じていた。

 あるカナダの研究者が後に、探査データを調べたところ、北極はデンマークに属していると指摘した。
 カナダとデンマークの共同観測を行った、カナダ天然資源省の地理学者Jacob Verhoefである。

 北極は、カナダ領域にも属している可能性があるという。

 上空から行われた観測結果は、海底での計測によって確証される必要がある。
 この航空調査が終われば、カナダ政府は二つの小型潜水艇を購入し、2010年春には氷山の下部をさらに調査するものと見られている。(Radio-CANADAより)

>>北極争いで戦争なんかが起こらなければいいですが。
 案外、漁夫の利で米×や中×などの国が取って行ったりして。

[PR]

by sitejm | 2009-03-21 22:39 | エコロジー

空は段々暗くなる

 頭上の青空は、色褪せている。

d0051212_22593366.jpg アメリカの研究者らが、この30年の間、地球上のほとんどの地域において、大気汚染によって空が暗くなっていることを明らかにした。
 この現象は既によく知られているものだが、今回の研究結果はメリーランド大学の研究チームが10年間に渡り、衛星から集められたデータを調査して得られた。
 
 研究者らによれば、これらの新しいデータは長期に渡る大気汚染の変化と気候変動との因果関係の研究を深めるための大きな一歩となるのだという。

「我々がエアロゾルについて地球規模の長期の情報を得たことによって、これまでに得られていた海洋上のエアロゾルに関する情報が補完されたといえる」
 と、メリーランド大学のKaicun Wang氏は言う。d0051212_2302496.jpg

 この惑星の空の明度が低下している現象は、地球上のあちこちで観測されている。
 しかし、欧州では観測されていない。
 これは、欧州での大気汚染物質の削減による成果なのだという。
 
 専門家によると、エアロゾルは気候にも影響を及ぼすが、そのメカニズムは明らかにされていないのだそう。
 こうした汚染物質の存在は、太陽光をさえぎり、気温低下の現象にもなりうる。
 しかし、一方で大気汚染物質は太陽エネルギーを吸収し、大気を温暖化する場合もある。
 
 この調査結果はサイエンス誌で発表されている。(Radio-CANADAより)
[PR]

by sitejm | 2009-03-16 22:48 | エコロジー

カルシウムでダイエット!?

 カルシウムは減量を促進する。
d0051212_22205253.jpg といっても、特定の場合に限られる。

 ラヴァル大学の研究者らが、カルシウム不足の人がカルシウムを摂取すると、食欲が抑制されることを明らかにした。
 研究者らは63人の肥満女性に、15週間に渡るダイエットプログラムを実行してもらい、この実験結果を得た。

 被験者らは一日当たり最低でも800mgのカルシウムを摂取している。栄養学の専門家の推奨摂取量は1,000mgだ。
 さらに、食事はカロリーを抑え、毎日擬似薬か、カルシウム1,200mg分の錠剤を飲ませた。
 その結果、体重は減少したが、擬似薬とカルシウムの摂取とでは、体重の減少に変化はなかった。

 彼らは次に、カルシウム不足(1日600mg以下)のグループに対し、同じ実験を試みた。
 その結果、カルシウムを摂取した女性が6kg近い減量に成功したのに対し、擬似薬を飲んだ女性は1kgしか減量していなかったのだ。d0051212_22223396.jpg

 これらの実験結果から、脳はカルシウム不足を認識することができ、その結果、食物摂取を活発にして、カルシウムを補おうとするのだと考えられる(jm注:カルシウム不足なのでたくさん食べてしまって、結果、太る、ということのようで)

 Angelo Tremblay氏は、この現象がダイエットに有効だと言うことではない、と強調している。
 カルシウムのサプリメントを摂取した結果、食欲が抑制されたに過ぎないのだという。

 Genevieve Major、 Francine Alarie、Jean Golden、そして Angelo Tremblayによるこの研究結果は、英国栄養学新聞に掲載されている。 (Radio-CANADAより)

>>なるほど!ワテクシはかなりよく食べるんですが、確かにカルシウム不足でした。でも、カルシウムを取るようにしても、食べる量は変わりませんがな
[PR]

by sitejm | 2009-03-16 21:05 | ヘルス

頭痛と気温

 気温の変化のせいで頭痛や片頭痛が起きやすくなるのだそう。

d0051212_22235074.jpg ボストンのベス・イスラエル・ディーコネス医療センターで行われた調査の結果、こんなことが分かった。
 7年間に渡り、緊急治療室に来院した7,000人の患者について、気温の変動と気圧、そして大気汚染との関係が明らかにされた。

 研究者らは24時間以内に気温の上昇があった場合、緊急治療室を訪れた患者の症状のほとんどが頭痛だった。
 さらに、気温がわずか5度上昇しただけで、激しい頭痛が発生するリスクが7.5%も拡大することが分かった。

 ケネス・ミュカマル博士は、今回の調査は、天気予測やボストン市内の大気汚染度を調べる最新の技術を用いて行ったもので、非常に重要な事例であると確信している。
 2000年5月から2007年12月にかけ、最初に頭痛と診断されたもののうち、2,250人が片頭痛、4,803人が緊張性頭痛または原因不明の頭痛であった。
 ミュカマル博士は片頭痛に苦しむ患者にとって、気温の変化が最も大きな原因であったのだという。

 片頭痛以外の頭痛は、高気圧や低気圧など、気温以外の要素が原因となっているのだそう。
 この調査結果によって、医師たちは何が頭痛の原因となっているのかを特定しやすくなる。
 調査結果は、ニューロロジー誌に掲載されている。

>>そうなんですわ。今日は朝方は寒かったのですが、昼過ぎから暖房が要らないくらい暖かい一日。お陰で片頭痛に苦しみながらこの記事を訳していたところです。 
[PR]

by sitejm | 2009-03-15 22:33 | ヘルス

砂糖と老化の関係

 老化とカロリーの過剰摂取との関係は、数年前から科学的に明らかにされていた

 いくつかの研究においては、通常の餌より50%もカロリーの低い餌を与えられたマウスは、40%も寿命が延びることが分かっていた。しかし、この現象のメカニズムは、明らかにされていなかった。

d0051212_22315885.jpg このほど、モントリオール大学の研究者らは、糖分の存在をキャッチする細胞の能力が、この現象に影響を及ぼすことを突き止めた。

 Luis Rokeach研究員とAntoine Redhead 研究員は、グルコースに見られる遺伝子から遠ざけられたイーストは、弱いグルコース環境内にある場合と同程度の期間、生存するのだと言う。

 この結果から、細胞の寿命は食物でなく、自分にあった食物を探し充てることに影響されるのではないかと彼らは考えた。
 すると、老化は糖分がエネルギーに変化した結果だとする説は無効になる。

 養分が細胞に到着すると、細胞の表面にあるセンサーが働いてグルコースの存在をキャッチし、グルコースは細胞内でエネルギーに変化する。

 研究者らは、イースト細胞の寿命はグルコース濃度を低下させるほど、長くなることに気づいた。

 彼らはこの延命の原因について自問自答せざるをえなかった。d0051212_22321586.jpg
 エネルギーを作る細胞の能力に影響されるのか?
 それとも細胞のセンサーがグルコースの存在をキャッチしたものの、その刺激が少ないのか?

 彼らはグルコースをエネルギーとして使えない細胞に対しての方が、この影響が大きいことを確認した。
 一方で、グルコース濃度を測るセンサーを除去すると、寿命は大幅に延びた。

 Luis Rokeach 教授はこの研究により、老化による病気と日常生活での糖分の取りすぎとの関係が明らかになったと考えている。

「我々の研究結果は、老化に伴う病気を予防するための新しい戦略への一途を開いたのだ」 (Radio-CANADAより)

>>ひどくやつれたとか、実年齢より老けているといわれるワテクシの老化の原因は、なるほど、糖分の取りすぎ(糖分に対して細胞が敏感すぎ?)のせいだったのですな。
 しかし、甘いものをとるか、アンチエイジングを取るか?といわれれば、やっぱり甘いものを・・・。
 
[PR]

by sitejm | 2009-03-15 22:10 | ヘルス

御福餅を訪ねて

 先日、お餅が急に食べたくなって、二見の御福餅まで車を飛ばしました。

 お餅を食べに行っただけなのに、ちょうど二見は町中がお雛様を飾るイベント中。
 あちこちに飾られたお雛様を見て歩いているうちに、思わず、旅館街を散策してしまいました。

 以下、旅行記は、こちらから。
 「餅街道の南端で~三月の二見浦~」

d0051212_21261556.jpg

[PR]

by sitejm | 2009-03-11 21:30 | エセグルメ

風邪予防~乾燥と寒さと戦え!~

 なぜ、風邪のウィルスは1月と2月に活発になるのだろう?

 オレゴン州立大学の研究者らは空気の絶対湿度とウィルスの繁殖力との間に何らかの関係があることを突き止めた。
 
 絶対湿度(気温の影響を受けない、純粋な空気中の水蒸気量)が低いときは、つまり冬季は、風邪のウィルスは長く生きており、転移も活発化する。

 他の研究では、これまで、湿度と風邪の感染性との関係を明確にすることができなかった。
 これらの研究では、気温の影響を受ける相対湿度との関係についてのみ調べていただけだった。

「絶対湿度と風邪ウィルスの生存力との相関関係は驚くべきものだった」と、ジェフェリー・シャーマン博士はいう。

 たとえば、シャーマン博士と研究者らは寒く乾燥した状態では、ウィルスの生存率は90%、そして感染率は50%にまでアップするという結果をはじき出した。

 研究者らは、病院やその他の公共の場所の湿度が上げることで、風邪の伝染を防ぐことができると考えている。(Radio-CANADAより)

>>もう、風邪シーズンも終わりに近づいていますけれど、忘れていた記事を訳しました。
 日本では(外国でも?)、風邪予防には高湿と高温が必須なことは、昔から経験則で知られていますが、未だに科学的に明確にされていないってことなんでしょうか、こんな研究がされてるってことは。

[PR]

by sitejm | 2009-03-07 23:08 | ヘルス