二日酔いには理由がある

 職場の忘年会、家族とのパーティー、友達との食事・・・年末年始はグラスを重ねる機会が多い。

 翌日は、激しい頭痛が発症し、口の中が粘つく。そして、胃がむかつく。
d0051212_23462556.jpg 宿酔、いわゆる二日酔いの症状である。

 アメリカ インディアナ大学医学部のレイチェル・ヴリーマンとアーロン・キャロルは、二日酔いに関する一般的な知識とその治療法を知るため、インターネット上で、医学文献を調査した。
 その結果、二日酔いの治療法や防止法にはまだ科学的根拠がないことが分かった。

 二人の医師は、効果的な唯一の方法は、節制しかないと断言する。
 赤ワインやウィスキーなどの強いアルコールは、「イブの翌日」の症状を引き起こす毒性が強いのだという。
d0051212_23471227.jpg
 血中アルコール濃度が下がり、また、最高濃度に達し、その後ゼロまで下がるときに、二日酔いは発生する。

 この調査結果は、医学的な神話に記事をささげる英国医学新聞に掲載されている。(Radio-CANADAより)

>>飲みすぎと言うより、長々と飲むのが一番、悪いってことなんでしょうかね。
 何事も、ほどほどに。

[PR]

by sitejm | 2008-12-28 23:49 | ヘルス

真央 三連覇

 おなじみ?yahoo!韓国スポーツ記事から。

***************************************

 (ソウル連合ニュース 李永好記者)
 日本のフィギュア界の妖精、浅田真央(18)が、全日本フィギュア選手権大会女子シングルで逆転優勝し、3連覇を果たした。
 
d0051212_22591964.jpg 浅田は27日午後、長野市内の多目的スポーツアリーナ「ビッグハット」で開催された大会最終日のフリープログラムで117.15点を獲得し、前日のSP65.30点との合計、182.45点で首位に。

 前日のSPでは3回転連続ジャンプをミスし、2位となった浅田は、この日、フリー演技でトリプルアクセルを2回試みたが、回転不足の判定を受け、フリーでは2位に留まった。

 しかし、総合得点182.45点を獲得した浅田は村主章枝の178.59点に3.86点差をつけ、女子シングルの頂点に上った。2006年の全日本選手権以来の3連覇だ。

 浅田は来年3月下旬、米国LAで開催される2008-2009国際氷上競技連盟(ISU)世界フィギュア選手権大会出場権を獲得。d0051212_22593938.jpg
 同級生ライバル・キム・ヨナとメダル争いを繰り広げる。

 SPでは5位に留まった百戦練磨の村主(28)は、フリーではトップに立ち、総合178.59点で銀メダルを獲得。

 また、安藤美姫(21)は総合得点174.09点で3位、SP首位の中野由香里(23)は、フリーで相次ぐジャンプのミスを犯し、172.60点に留まり、5位に転落。

 今大会女子シングル1~3位の選手は、来年3月に開催される世界フィギュア選手権大会の出場権を得る。(以上、yahoo!韓国のスポーツ記事より)

>>公式練習の安藤×村主衝突事件があっても、浅田はんは、我関せず状態で、非常に冷静だったようです。っていうか、ノーミス演技の1位しか眼中になかったろうし。
 村主さんは、もう、今年で彼女を見るのは終わりかなあ・・・と思っていたのに、なかなかしぶとく頑張りますね。バンクーバーまで頑張ってほしい。
 安藤さんは、浅田さんを見習って、怪我のせいとかなんとかにするのはいい加減、止めた方がいいですね。
 まあ、そんなところで、今年のスケート記事はおしまいにします。おまけ画像として、キム・ヨナサンタ。完全に自分の趣味ですけど。
d0051212_233660.jpg

[PR]

by sitejm | 2008-12-28 23:17 | スポーツ

顔面移植のその後

 顔面移植を受けた中国人Li Guoxingさんは、投薬を止めてから、亡くなったそう。
 
 (こちらから、Liさんの手術後の写真が見られますが、かなり痛々しいです。参考にご覧になりたい方は、覚悟の上、クリック・プリーズ。)

 Guo Shuzhong 医師は、Liさんは7月、中国西南部の山村でなくなったと発表した。
 近親者によると、彼は、漢方薬を飲むのを怠っていたのだという。
 
 30歳の農民は、2006年4月、西安のXijing病院で顔面移植の手術を受けた。
 彼はクマに殴られ、顔面に損傷をうけたのだった。 
 
「彼は手術のおかげで一命を取り留めた。手術は成功したのだ。
 しかし、体内の免疫効果を高める薬との関係を切り離して考えることはできない」
と、Guo Shuzhong医師はいう。

 Liさんの真の死因は明らかになっていない。
 検死がなされなかったためである。
 彼の死は、中国人たちのブログで、噂になっている。

 患者は主治医の指示に従わず、早く退院した。
 
 さらに、彼は退院後、病院から非常に遠いところで暮らすようになったため、十分なアフターケアがなされなかった。

 「彼の死後、私は惟南へ行き、検死したいと親類に提案したが、彼らは頑なに拒んだ」
と、Guo Shuzhong医師は言う。
 
 昨年8月、医療雑誌The Lancetでは、2006年4月13日に行われた18時間に及ぶ手術を取り上げた。

 このとき以来、医師たちは、Liさんの腎機能や肝機能が正常かどうか、二年にわたって確認し続けた。
 ウィルス感染はなかった。
 移植後、3ヵ月、5ヶ月、及び17ヵ月後に激しい拒絶反応が見られたが、免疫系統への処置が施され、抑制されている。
 
 この記事では、患者が移植された顔に満足していることを記している。
 2006年11月及び2007年4月に行われた手術では、患者の外観は改善された。

 昨年12月、クリーブランドのアメリカ人医師が、顔面を損傷した女性に対し、顔面全面の手術を行ったと発表した。
 世界では4例目になる。
 
 2005年には、フランスの外科医が38歳の女性イザベル・ディノワールさんに世界初の顔面の一部移植手術を行い、成功させている。
 
 その翌年、Liさんが移植手術を受け、2007年には、29歳のフランス人のがん患者に対し、世界で3度目の移植手術が行われている。(Radio-CANADAより)

>>過去に関連記事があります。御参考に、、ってこんなの追ってるの、素人ではワテクシくらいかも・・・。
 「三度目の顔面移植」

 以下、二つの記事も、添付写真が痛々しいので御注意を!
 「顔面移植のあの人は今・・・」

 「顔面移植」
[PR]

by sitejm | 2008-12-28 22:42 | 科学

Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain

d0051212_21274963.jpg 有名な映画を、いまさら、なんですが。

 母を失い、変わり者の父に育てられたアメリは、想像力豊かで、シャイな、やっぱり一風変わった女の子。
 大きくなった今は、モンマルトルのCafeでウェイトレスをやっている。
 アメリは小さな喜びを、日々楽しんでいた。
 しかし、他の誰かを助けるという人生の目的に気づいた彼女は、小さないたずらをして、引きこもりがちな隣人、毎日、十年以上前と変わらぬ暮らしをする父、そして知らない誰かに小さな良い変化をもたらしていく。
 それでもシャイな彼女が、どうしても近づけないのが、ポルノショップの店員で証明写真マニアのニノだった・・・。

 映像のワンカットワンカットの美しさと、アコーディオンの音色の心地よさ。

 人とのコミュニケーションがうまく取れない人たちが、日常の小さな喜びを糧に生きていることが、とても切ない。傍観者的に見ているわけでなく、誰もが映画の中に自分を見つけるから切なくなる。

 こんなに良い映画だったら、もっと若い頃に見ておくのでしたワイ。 
 久々に☆3つの満足な映画。
d0051212_2128441.jpg

[PR]

by sitejm | 2008-12-26 21:12 | たまには映画を

マイ・ネーム・イズ・ルカ

 モントリオール大学の遺伝学者らによる研究チームが、すべての生命体の共通祖先の特徴を明らかにした。

 モントリオール大学のNicolas Lartillot博士と、フランスの協力者らによると、我々の祖先は、LUCA、すなわちLast Universal Common Ancestor(全生物の共通祖先)は、約3.8億年前にさかのぼると見られ、研究者らが想像していたような有機体ではなかったのだそう。

 LUCAは太平洋海底の熱水鉱床に生息する好熱生物のような生物群であると考えられている。
 熱水鉱床の温度は、摂氏90度を超える。

「我々のデータは、LUCAは非常に温度に敏感で、50度以下の温度の気候を好んだことを示唆している。」(Nicolas Lartillot博士)

 この結論に達するまでに、研究チームは現在、地球上のすべての生物の祖先を特定するため、昨今の有機体の遺伝情報を比較した。

 そして、彼女は動物、植物、そしてバクテリアらに共通の祖先を特定した。
 その上で異なる種の分岐を示す「生命の樹」を作成した。

 ある意味、この木の幹がLUCAである。
 一部で指摘されているように、LUCAは、デオキシリボ核酸(DNA)ではなく、むしろリボ核酸(RNA)から構成されている。

 この研究結果は、ネイチャー誌で発表される。(Radio-CANADAより)

>>研究内容に興味はなかったのですが、「ルカ」っていう歌が昔、あったなあ、と思って。 
 スザンヌ・ベガでしたっけ。結構、ヒットした曲だと思いますけど、検索しなければ、思い出せませんでしたわ。

[PR]

by sitejm | 2008-12-21 23:20 | 科学

彦根へ行こうね

 かなり旬を外しましたけど、紅葉の片鱗を求めて、彦根を旅しました。

 まだ、作成途中ですけど。

 旅行記はこちらからどうじょ。

d0051212_224133.jpg

[PR]

by sitejm | 2008-12-21 22:42 | たまには旅を

Red Cliff

d0051212_23112890.jpg 少年だった人なら、必ず読んでいるはずの「三国志」を、私は読んだことがない。

 だって女の子だったんですもの。

 ・・・っていうのも一つの理由かもしれないが、、歴史ものにはとんと興味がなくて、小学校の頃、教室の後ろの図書コーナーに誰かが置いた三国志の漫画本は、とうとう、読むことがなかった。
 それ以外の本は、道徳の本まで、すべてくまなく読んだというのに。

d0051212_2314411.jpg でも、最近、諸葛孔明の子孫が暮らすという「諸葛八卦村」に興味を持ったのを機に、是非、レッド・クリフで三国志ビギナーになろう、と決心。
 
 観賞。

 もう、圧巻!

 戦ものを見慣れていないせいか。

 冒頭の戦いのシーンにめまいがした。

 あの人員の多さ!人件費いくらよ!日本ではできない!

と、思いながら。

 いやいや、それもそうだけど、張飛、関羽、趙雲の武勇たちのあり得ないほどの忠義心に心を打たれた!

 劉備の命に従い、必死に民を守る張飛、劉備の「劉」の字の旗を踏む敵兵を倒し、その旗を掲げ、敵中を威風堂々と去る関羽、そして、主君の世継ぎの赤子を背負って、数多の敵を槍でなぎ倒した趙雲の姿は、素晴らしかった。
d0051212_23425164.jpg

 涙があふれ出た。

 冒頭シーンなので、泣き所ではないはずなんだけど。
 (周りの人も、誰も泣いていなかった)



 けれど、今後、自分がどれだけ長生きしようとも、観られない光景だ。

 だから、映画を観るのかな、みんな。

 Part2は4月公開。

 生きる楽しみが出来て、良かった。
d0051212_23431499.jpg


 おまけ画像。
 絶世の美女・小喬を演じるリン・チーリン。
 美しい!
d0051212_23314195.jpg
 
[PR]

by sitejm | 2008-12-13 23:32 | たまには映画を

俺があいつであいつが俺で

 他人の体と心を入れ替えるという概念は、何十年もの間、作家や画家の想像を掻き立てて止まなかった。
d0051212_234434.jpg

 この概念は、科学調査の主題とはならなかった。
 しかし、なぜ、我々が体内に、現在進行している経験を内在させられるのかと言う、根本的な疑問を生じさせることとなった。

 今回、著者らは、この問題に直に向き合うため、幻覚的知覚による身体の交換を試みた。

 視覚を操作し、同時に身体が得る多様な情報の受容とを併合させることで、他人の身体や人工身体を自分のものであるような幻覚を起こすことを成功させた。

 この効果は非常に強力であり、他人の身体に入って、自分自身の身体に向かって手を振ったような体験を得たと感じるほどである。

 この研究結果は、非常に重要なものだと考えている。
 なぜなら、身体を所有しているという感覚を作り出す知覚プロセスを識別することができたからだ。(Radio-CANADAの引用論文より)

>>ややこしい!
[PR]

by sitejm | 2008-12-09 23:05 | 科学

犬の嫉妬

 犬だってやきもちをやく。

 オーストリア・ウィーン大学の研究者らが、観察によって、霊長類以外の動物も、こうした感情を示すことがあることを、世界で初めて証明した。

d0051212_21411440.jpg


 自分が欲している何かを、他人が持っている場合、理由がどうであれ、嫉妬心はその他人への攻撃性に変わる。

 Friederike Range 博士の研究チームは、29匹の犬のいずれにも、できるだけ何度も「お手」をさせるという実験を行った。
 その結果、同じ運動をしているのに、近くにいる犬がご褒美をもらっていて、自分が貰っていない場合、お手をすぐに止めてしまうことが多いことが明らかになった。

 ほかの犬がご褒美を貰うと、退屈した様子やイライラした様子を見せることもあった。

 自分と同じことをしている他の犬がご褒美をもらっているのを観ると、犬はお手をしたがらなくなるという事実は、報酬の分配が不平等であることに反応していることを示している。
-Friederike Range-


 一方、隣の犬がソーセージを与えられ、自分がパンを与えられた場合には、犬はなんら反応を示さなかった。

 サルに関するほかの研究では、既に、サルは嫉妬や公平の感覚を理解している可能性があることが証明されている。
 この研究では、サルは不平等かどうかを判断し、また、ご褒美の分配とその品質の違いを感じ取ることが出来るような反応を示した。

 研究者は、オオカミの群れの協働について、現在、研究したいと考えている。

 この研究内容の詳細は、合衆国科学アカデミー年刊で発表される。(Radio-CANADAより)

>>他人が餌をもらうと、もらえない自分がお手を止めてしまうのは、嫉妬なんですかね?
 「怠け」という気もする。
 ワテクシの場合、嫉妬と怠けで働かなくなる可能性ありですが。

[PR]

by sitejm | 2008-12-09 22:16 | 心理学