京都 祇園

 学生時代、大学や旅先、部活で撮った写真は今でも残っている。

 でも、写真がなくて、記憶に残るだけの思い出がある。

 自分にとっては、それが祇園。(←リンクになっています)
d0051212_16223068.jpg


 さて、これが今年最後の投稿だと思います。

 皆様、今年も一年、お世話になりました。

 良いお年を。

[PR]

by sitejm | 2007-12-29 23:40 | たまには旅を

真実は科学の中に

 何世代にも渡って伝えられる迷信。
 医学に関する迷信は、完全な間違いであることもあれば、ある意味では合っている場合もあり、科学に応用されるようなものもある。

 インディアナ大学の研究チームが医学文献を調べ、これらの正誤をはっきりさせようと試みた。
 
 「私たちの脳はその10%しか使われていない」
 何百年も前からそういわれており、現在ですらそう信じる人は多い。
 近年の目覚しい脳科学の進歩があっても、そのように信じられている。
 脳科学においては、脳のさまざまな領域にダメージを与えると、精神面に影響を与えたり、個人の人格に影響を与えることすらあると言われている。
 想像力のテストの結果、どの脳の領域も全く動いていないとか停まっているということはなかった。
 
d0051212_2131566.jpg 「一日に8杯の水を飲むのは、健康に良い」
 1945年から、メディアにも取り上げ続けられている迷信だ。
 しかし、これは、フレデリック・ステアのような有名な栄養学者に科学的に証明された事実でもなんでもないのだ。 
 実際は、毎日の水分補給は、ジュース、ミルク、紅茶、コーヒーなどの摂取で十分である。
 水の飲みすぎは危険なことすらある。

 「髪と爪は死後も伸び続ける」
 この迷信は、錯覚によるものだ。
 実は、皮膚が死後に縮んでいる。これによって、髪や爪が伸びたように見えるのである。
 死ぬと複雑なホルモンの分泌が止まり、これが皮膚の収縮を引き起こす。

 「毛髪を剃ると、濃く、太くなる」
 メディアにも良く取り上げられており、これらを信じている美容師もいる。d0051212_2132829.jpg
 しかし、1928年以来、数々の研究が行われ、この迷信は嘘だと証明されている。
 やはりこれも錯覚が原因で、生えてきた毛髪の先端が、元の髪より細くないので、太くみえるだけである。

 「暗がりで本を読むのは目に悪い」
 これも誤りだ。
 このことは、読書に適した灯りのないところで本を読むと、読みにくくて集中できないことからこのように云われるようになったのではないかと言われている。
 暗闇の読書が目に良くないことは事実だが、決定的に悪くなると言うわけではない。

 「七面鳥を食べると眠くなる」 
 七面鳥がいる限り、この迷信は次世代に伝わるだろう。
d0051212_21321976.jpg 眠気を呼び起こす原因は、アミノ酸の一種トリプトファンだ。
 しかし、七面鳥の肉のトリプトファン含有量は非常に少ない。
 実際は鶏肉や牛肉よりトリプトファンの含有量は多くなく、豚肉より少ない。
 どんな食物も、たくさん食べると血流を減らすので、脳に酸素を送る量が減り、これによって眠気が引き起こされるのだ。


 「携帯電話は病院内で凶器となる」
 調査結果によると、携帯電話を病院や診療所でつかったせいで、死んだ人はいない。
 しかし、アラームの誤報や、モニターが見えにくくなる、心電図が正確に読み取れない、といった影響は報告されている。
 麻酔専門医が行った調査では、内科医の携帯電話の使用が、コミュニケーションの遅れによる医療過誤と関連性が低いことが解っている。

 迷信に関する調査結果は、英国医学新聞に掲載されている。(Radio-CANADAより)

>> 脳があんまり使われていないとか、暗がりで本を読むと目が悪くなるというのは信じていましたが、ほかのは「エセ」であることは、よく知られた事実のような。
 七面鳥を食べると眠くなる、というのは初めて聞きましたけど、そら、クリスマスは飲んで食ってするから、眠くなるやろ、と。

[PR]

by sitejm | 2007-12-26 21:26 | 科学

冬のライオン

 雪の中のシマウマ、ニホンザル・・・。
d0051212_032020.jpg グランビー動物園は冬からオープンするのだそう。

 この動物園では、寒い冬季の外来動物の観察ができるよう、12月26日から一部の観覧客を迎える。

  動物園の教育責任者である生物学者パトリック・パレは、一部の外来種は雪の中でこそ自然な生活を営むのだという。
 「冬に慣れてしまった動物は、どこにいても厳しい冬を恐れないんです。たとえば、アムールトラ。シベリアトラとも言われていますが」

 しかし、それだけではない。
 アジア地域のほかの種の動物も冬を良く知っている。
d0051212_033175.jpg ニホンザル、アムールヒョウ、ユキヒョウ、ヤク、タールヤギ、ヒマラヤクマなどがそうだ。
 アンデスのラマ、アルパカ、コンドルは南米の高緯度で寒空を耐えているではないか。

 本来、北欧に生息しないほかの動物も、寒さに慣れることは可能だ。たとえばシマウマ。
 彼らは毛皮を発達させ、寒さに耐えられるようになる。
 ライオン、カンガルーは鼻を外に出して、体温を調節する。

 パトリック・パレは、動物園への関心を高めるために、動物たちは冬こそ最も美しいのだ、と言う。
「動物たちは、夏の2倍ほども太る。冬毛になり、毛皮も厚くなる。観察してみると、本当に美しいんですよ」

 また、動物たちは、冬の方が活発になるのだそう。

 「体温を調節するため、動物は良く動くんです」

 パビリオンも、動物園のオープンにあわせて開場する。この動物園にいる80%以上の動物種が、この期間に見られるのだそう。
 オオフラミンゴやレミュのほか、ゾウやキリンの生活も観察できると言う。(Radio-CANADAより) 

>>「雪の中の動物を見世物にするひどい動物園」という記事かと思って訳して見たら、全然、違いました。
 ケベックですから、まさか行く人はいないと思いますが、御参考に。

Zoo Granby(←リンク貼ってます)525, rue St-Hubert (coin Route 139)
Pavillon Horace-Boivin, Granby (Québec) J2G 5P3

Téléphone : (450) 372-9113 ou
1 877 472- 6299 sans frais
Courriel : info@zoodegranby.com

Horaire Hiver

Ouvert tous les jours
du 26 décembre 2007 au 6 janvier 2008
de 10 heures à 17 heures

Ouvert seulement les fins de semaine
du 12 janvier au 17 février 2008
de 10 heures à 17 heures

Ouvert tous les jours
du 23 février au 9 mars 2008 (deux semaines de relâche scolaire)
de 10 heures à 17 heures

Tarifs
Régulier ( 13 ans et plus ) : 17,59 $ *
Enfant ( 3 à 12 ans) : 10,99 $ *
Bambin ( moins de 3 ans ) : Gratuit
Aîné (65 ans et plus ) : 13,59 $ *
* Taxes en sus


[PR]

by sitejm | 2007-12-24 00:03 | エコロジー

空中ブランコ VS 空中庭園

d0051212_23451073.jpg 奥田英朗氏の 「空中ブランコ」、一度読んでみたかったんです。

「人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。ここはどこ?なんでこうなるの?怪作『イン・ザ・プール』から二年。トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。 」(BOOKデータベースより)

 なんだろう?深くはないけれど、笑いながら、最後はよかったね~、と読めるお話。

 笑いどころは多いですよ、かなり。
 描写も素晴らしく、目の前に色彩がどきつく浮かぶ。

 読み始めは「伊良部」という精神科医に「うええ」と思うんですが、最後は、こんな風に生きられたら・・・とすら思い始めてしまうんです。

d0051212_23453137.jpg 空中庭園は、そういう作品があることすら知らなかったのが、「対岸の彼女」「八日目の蝉」を読んで、角田光代という作家に惹かれて読んだもの。

 京橋家という、ダンチ暮らしの一家とそれをとりまく一部の人のお話で構成される。

 父親、母親、娘、息子、息子の家庭教師兼父親の不倫相手の女、母親の母親銘々思っていることをそれぞれの言葉で語らせるところは、すごい。
 
 でも、八日目の蝉、対岸の彼女の方が、自分は好きかな。

 軽く読むには空中ブランコ、少し考えてみるなら、空中庭園、でしょうか。
[PR]

by sitejm | 2007-12-22 23:46 | 読書も好きです(いろいろ)

金原ひとみ VS 綿矢りさ

 こうやって、芥川賞を同時受賞した若手作家名を並べてみると、グラビアアイドルの名前みたい。

 ワテクシは流行りものは、流行が廃れてから気になり始めるものですから、先日、やっと読みました。

d0051212_2326396.gif 金原ひとみの「蛇にピアス」。

 面白い。

 読みながら、身体に針をさされるような緊張感と小さな恐怖を覚える瞬間が何度も訪れる。
 でも、少しその中に快感を感じ取ったなら、この人の作品が好きになるだろう。

 舌にピアス、刺青。それだけでは終わらない。
 残酷で、物悲しい。

 思わずアッシュ・ベイビーも読む。d0051212_23265223.jpg

 キャバクラ嬢のアヤを取り巻き、同性愛、幼児趣味、自傷行為・・・変態が綾をなす。

 その一方で、ところどころ、ぷっと吹き出してしまう。ユーモアも冴えている。

 でも、ちょっと途中でついていけなくなりました。いや、好きなヒトは好きなんではないでしょうか。ワテクシは、ちょっと。

 次に綿矢嬢のインストールを読んでみる。

d0051212_232742.jpg 金原ひとみの後に読むと、ものすごく清純、清潔。金原ひとみが黒と金と赤色だったら、綿矢りさは、オフホワイトと薄いピンクと、ちょっぴりの黄色、かな。

 女子高生のモヤモヤ、ほんのり色気と色気のなさ。

 当時17歳の人が書いているだけに、そのまま伝わってくる。
 しかし、こんな風に伝えられる人は綿矢りさしかいなかったのだろう。
 
 作風に、それぞれの作者の生き様が練り込まれている感じ。

 共感するのは、金原ひとみ、でも、読みやすいのは綿矢りさ、かなあ・・・。
[PR]

by sitejm | 2007-12-22 23:27 | 読書も好きです(いろいろ)

THE SANTA CLAUSE

d0051212_22553174.jpg 
「バツイチのおとぼけリーマン・スコット・カルバン(jm注:イニシャルがサンタと同じ)が、前妻との間の息子チャーリーと二人でクリスマスを過ごす。精神科医の新しいパパを持つチャーリーは、まだ小学校低学年くらいなのに、すっかり冷めてしまっていて、既にサンタ・クロースの存在を疑い始めている。料理は焦がして、七面鳥は消火器で台無し、最悪のクリスマスを迎えた晩、屋根に何かが落ちてきた!
 下着姿で見に行くと、それは・・・?」


 ティム・アレン主演のお子ちゃま向けドタバタ。
 ところが、どうして、なかなか面白い!SANTA CLASEのCLAUSEは名前じゃなかったのか~とか、サンタクロースの持ってくるプレゼントはここで作られていたのか~、となんだか妙に納得してしまったりして。

d0051212_2333482.jpg
 
 
 だんだんサンタさんを信じ始めてしまう息子チャーリー役のエリック・ロイドの演技が凄く上手い。
 ストーリーも案外、深いのだ。

 さらに、続編のThe Santa Clause 2(サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪)もなかなか笑ろた!

「8年間、サンタクロースとしてまじめに働いてきたスコット・カルバン。しかし、彼の息子チャーリーは、「悪い子リスト」(jm注:悪い子は靴下にプレゼントじゃなくて、石炭を入れられる)で、一番悪い子だったのだ!しかも、スコットは「サンタ」じゃなくなっていく症状に苦しんでいた。この原因は、SANTA「条項」通りに、彼が結婚していないことにあった。結婚しなければ、この世からサンタクロースがいなくなってしまうのだ!」

d0051212_23173112.jpg

 同じくティム・アレン主演(写真右側のサンタは、すっかりサンタ振りが板についたティム・アレン)
 息子チャーリー役のエリック・ロイドも健在で、女の子みたいに可愛かったのが、もう、大人。(←)
d0051212_23152246.jpg
d0051212_23193677.jpg 
 一方、本作で”子供可愛く”活躍するのがスペンサー・ブレスリン。(→)彼はブルース・ウィリス主演のキッドのときより、俳優としてもずっと成長している感じ。




 
 サンタ2は、大人の恋もあり、そういう意味でもちょっと面白い。でもR指定では決してないのでご安心を。

d0051212_23205773.jpg

[PR]

by sitejm | 2007-12-20 23:21 | たまには映画を

2007GP結果

 毎年、グランプリファイナルを見ては、「ああ一年も終わった・・・」と感じますわい。

 昨年は日本勢は体調を崩してぼろぼろでしたが、今年はなかなか楽しめました。
 真央はわざとSPで調子を崩しているのか??と思うくらい、ドラマティック。
 真央は強気だけど実は泣き虫なのが解って可愛いし、色っぽくなったし(ついでにあのいっつも横にいる外人のコーチ?も優しそうでなかなかよろしい。真央とできてるのでは?と勘ぐってみたり)、中野ちんはもう、努力がすばらしく実って、ぜひ五輪には出てほしいと思うし、新星キャロライン・ジャンは、中国雑技団から抜けてきたのかと思うくらい、スピンがすっごいし、ヨナたんは、手折れそうなほどか弱そうだったのが、ほかの選手にないスピード感と沈着さで強さを見せ付けたし、ほんとに面白かった~。

 以下、yahoo!KOREAのスポーツニュースより。
****

d0051212_041818.jpg フィギュア界の妖精キム・ヨナ(17歳)が2007-2008フィギュアスケート・女子シングルシニアグランプリファイナルで2連覇を決めた。

 16日午前(韓国時間)、イタリア・トリノオリンピック競技場で開催された女子フリーの部では、キム・ヨナはミュージカル歌曲「ミス・サイゴン」にあわせ、美しい演技を見せた。
 技術点72.55、構成点60.96、計132.21を獲得し、総合得点196.83点の堂々1位。

 キム・ヨナは前日のSPでは、技術点34.90、構成点29.72、計64.62点を獲得し、1位となっていた。続くフリーでも、安定した演技で、女子フィギュア界の女王の地位を確立した。

 SP2位の14歳の新人キャロライン・ジャン(USA)は、ジャンプで転倒するという決定的なミスがあり、114.66、総合得点176.48点(SP61.82)を獲得したが、4位に留まった。
 キムの同い年のライバル、浅田真央(日本)は、フリーで132.55点を獲得、総合得点は191.59点(SP59.04)で2位に浮上した。

 これほど美しい演技があるだろうか。
 素晴らしい、完璧な演技であった。
 6人の選手のうち、最終演技でリンクに入ったキム・ヨナは、紅色の差した衣装をまとい、スリムでしなやかなプロポーションで観客の視線を集めた。

 緊張感の中、いつもと変わらず冷静な表情で演技に入ったキム・ヨナは、2回めのジャンプで転倒したが、直ぐに体勢を立て直して、自分の演技を問題なくやり遂げた。

 ミスを犯しても、直ぐに次の演技に移ることのできる余裕。d0051212_042994.jpg
 誰よりも早いスピード。
 さまざまなジャンプと技術力。
 彼女は全てのライバルを圧巻した。

 ライトステップに続き、最初のトリプル・フリップ・トリプル・トゥ・ループを成功させると、キムは続くトリプルループまで完璧にこなし、観客たちの期待に応えた。

 さらにスピンをきれいに決めると、トリプル・ルッツとダブル・トゥ・ループ・ダブル・ループの連続ジャンプ、スパイラル・シークエンス、ダブルアクセル・トリプルトゥ・ループジャンプを滑らかにつなぎ、演技の最高点に達した。(jm注:この辺、ジャンプの名称がさっぱり解らないので、あやふやのふや)

 約5分の緊迫する演技。
 ステップ、ジャンプ、スピン、シークエンス、ルッツなどすべての技術が完璧だったキム・ヨナは、明るい笑顔を見せながら手を振り、自分の演技に満足しているようだった。
 そして、期待通りの優勝を手にした。

 一方、観客の声援を一心に集めたカロリーナ・コストナー(20歳、イタリア)は、総合178.93点で3位に浮上。中野由香里(22歳日本)は、総合172.96点で5位。
 世界ランキング3位のキミー・マイズナー(18歳USA)は総合154.22点と、6人中最下位。

 来年のGPで3度目の優勝を狙うキム・ヨナは、来年3月、スウェーデンで開催される2008世界フィギュア選手権に出場する。

>>yahoo!KOREAのスポーツ・ニュースはヨナたんの写真ばっかりでした。
  日本にはミキティや由香里ちんがいるし、フィギュア以外でも、オグシオとかプロゴルファーもたくさん出ているので、いろいろあって、迷っちゃう~状態ですが、韓国スポーツ界では最早、キム・ヨナは唯一の国民的アイドル。
 しかし、それにしたって、あのスピードと落ち着きと、豊かな表情。「ひばり」や「ミス・サイゴン」などの選曲のセンスや振りもとてもいいんです。
 間違いなく、今年のフィギュア界の女王はヨナたんでしたね。

[PR]

by sitejm | 2007-12-17 00:05 | スポーツ

キム・ヨナVS浅田真央

 同い年の妖精が対決する。
 2007-2008シニア・フィギュアグランプリファイナルで、キム・ヨナ(韓国・17歳)と浅田真央(日本)の話である。
d0051212_23143270.jpg

 15日早朝、イタリア・トリノのパラベラ競技場で2007フィギュアグランプリファイナル・ショートプラグラムが開催された。

 世界1位、2位のランキングをし烈に争う浅田真央とキム・ヨナが出場するとのことで、世界各国のファンの強い関心を集めた。

 2人は、3月の世界選手権大会以来、9ヶ月ぶりの再会を果たした。

 グランプリシリーズの2次、4次大会を制覇した浅田真央。
 一方、3次、5次大会を制覇してファイナルに登場したキム・ヨナ。
 実力は互角だ。

 どちらが勝るとも劣らない状況の中、勝負は「余裕」と「大胆」で決まった。

 この日のショートプログラムで、浅田真央は、何かに追われるようにミスを犯した。
 5番目の登場となった真央は、最初の3回転・3回転で転倒し、実力をきちんと発揮できなかった。
 表情も終始硬く、強張ったまま。動きには余裕がない。
 浅田真央は59.04点の獲得に留まった。
 シニアの舞台では、彼女にとって最低点である。

 一方、キム・ヨナも、浅田とよく似たタイミングで同じミスを犯した。3回転コンビネーションジャンプでバランスを崩し、手を突いた。
 しかし、動揺は見せず、すぐさま次の演技に移った。

d0051212_23113530.jpg
 笑みも失わなかった。明るい笑みを浮かべ、優雅な動作で観客を圧倒し、惜しみない拍手を湧き起こしたのだ。最終演技は、彼女にとって負担の大きいものであるにも関わらず、滑らかな演技をこなした。

 3分間の短くも長いこのプログラムで、キム・ヨナは技術点34.90点、構成点29.72点、計64.62点をたたき出し、1位が確定した。
 今シーズンでは最高得点だ。

 最初に演技を行ったアメリカの新星14歳のキャロライン・ジャンは61.82点でキム・ヨナに続く。2位となったものの、浅田真央や安藤美姫のようなライバルと並ぶには、もう少し時間がかかるだろう(jm注:この辺、韓国語の翻訳サイトを使ってみましたが、さっぱりわかりません。適当です)。
 ライバルを大きく引き離したキム・ヨナは、来る16日夜に開催されるフリーで、大きなミスを犯さなければ、GP2連覇を果たす可能性が高まった。

 ミスをしても、余裕を持って演技した驚くばかりの冷静さ。

 キム・ヨナが世界最強のスケーターであることを立証したGPショートプログラムだった。(yahoo!KOREAより)

>>yahoo!イタリアとか、yahoo!アメリカとか、いろんな国のyahoo!を探しましたが、フィギュアを大きく取り上げているのは、韓国と日本だけみたいでした。
 ヨナたんは確かに、真央と違ってがむしゃらな感じがない。インタビューの受け答えもクールでしっかりしているし。でも、真央の方が怪我もしないし、長年頑張れそうな雰囲気はあるかな。

[PR]

by sitejm | 2007-12-15 23:21 | スポーツ

ペンギンが危ない!

 世界自然保護基金WWFは、南極のペンギンの生息について、懸念している。

d0051212_224057.jpg 地球温暖化による氷の溶解に伴い、ペンギンの棲家や、餌を求める場所が失われているのだ。(←コウテイペンギン)
 
 コウテイペンギン、ジェンツーペンギン、ヒゲペンギン、アデレーペンギンの4種のペンギンが、特に危機に陥っている。

 WWFの「南極のペンギンと気候変動に関する報告書」では、この26年間で南極大陸西部の地表の氷が40%以上も解けたとされている。(→ヒゲペンギン)

d0051212_2243493.jpg
 また、この地域は、地球上のほかの地域と比べ、5倍の速さで温暖化が進んでいるのだそう。  
 「南極の象徴とも言える彼らは、前例のない気候変動に適応しなければならないという、大変厳しい状況に直面しているのです」と、アナ・レイノルズは言う。
 

d0051212_2244976.jpg 温暖化は、ジェンツーペンギンやヒゲペンギンの主食であるオキアミの減少の原因にもなっている。
 WWFによると、南極の北西部の半島に住むアデレーペンギンの頭数は、この25年間で65%まで減少しているのだと言う。(←ジェンツーペンギン)
 ヒゲペンギンは30~66%まで減少している。
 また、この50年で、コウテイペンギンの群数は、半数まで減少した。


d0051212_225476.jpg ペンギンの生息する氷はどんどん薄くなり、割れやすくなった。そのせいで、卵が損壊したり、ヒナが死んでしまったりしている。

 2005年に行われた調査によると、南極大陸のほとんどの氷が融け始めており、溶解のスピードは加速しているという。(Radio-CANADAより)(→アデレーペンギン)

>>物言わぬ動物たちは、知らないうちに、どんどん生きる権利を失われているのですなあ・・・。
[PR]

by sitejm | 2007-12-15 21:59 | エコロジー

スパルタの真実

 スパルタは、本当に幼児を殺したのか?

 スパルタ民族は、生まれた子供が奇形や病弱であったときは、穴に捨てたとされている。
 しかし、近年、考古学的にそれらを立証する発掘物が出ていないという。
d0051212_21441141.jpg 
 Apothèteses湾の遺跡を5年間に渡って調査した結果、18歳から35歳の若者や成人の遺物が発掘された。

 「湾の底まで掘り尽くしたが、成人の骨はたくさんあっても、乳児の遺骨は見当たらなかった」と、考古学者Théodoros Pitsiosは言う。

 この遺跡は、現在のスパルタ(ペロポネソス)の近くのTaygète山の麓に位置する。

 古い書物を調べると、スパルタでは幼児殺しが行われていたとされているが、実際はほとんどなかったことで、この説はかなり不確かなのだそう。

 それらは、古代スパルタ軍の軍国主義的な体制を表している。

 Pitsio教授は、Apothètes 湾で46人の遺骨が発掘されたが、それらは囚人や裏切り者や犯罪者のものらしい、と言う。(Radio-CANADAより)

>>「死ぬまで戦う鶏を買わないか?」と聞かれて、「勝つまで死なない鶏なら買おう」と答えたのはスパルタでしたっけ?
 そんな国に生まれなくて、良かったです。

[PR]

by sitejm | 2007-12-12 21:47 | 文化