スポーツマンの脳

 Mcgill大学の研究チームが、激しい動きは抑圧的な感情を生じる原因となりうる、という研究成果をまとめた。

d0051212_203610.jpg モントリオール精神医学研究所の Alain Ptito博士は、スポーツを行う場合の衝撃についての研究成果を12月に発表している。彼の報告内容は明白だ。

 衝撃によって、抑うつ状態を引き起こす場合がある。

「実際に、脳内で何かが起きているのである。多くのこうしたケースでは、患者はぶつぶつと文句を言うが、それは鬱病の症状と似ている」とAlain Ptito博士は言う。

「衝撃は、ボクシングのように、ずっと殴られ続けている状態である。何度も衝撃が続くと、脳の能力を変えてしまう場合があり、これは極めて大きな問題だ」
  
 昨年は元フットボールプレイヤーのアンドレ・ウォータースが自殺し、そして昨年の6月にはカナダのレスラー・クリス・ブノアが自殺した。二人の相次ぐ自殺は、誰もが話題に取り上げた。

 二人のスポーツマンの検視によると、彼らの脳は衝撃によって損傷を受けていたようで、80歳のアルツハイマーの初期段階の男性と同じレベルの脳だったのだと言う。d0051212_2031790.jpg

 研究者たちは、スポーツによる衝撃が、彼らの脳に影響し、抑うつ状態を引き起こしたのだと言う。(Radio-CANADAより)

>>へえー!スポーツマンというか、筋肉質の人が、短命傾向であることは聞いたことがあるし、なんとなく、そんな気がします。
 理由としては活性酸素がどうのこうので癌になりやすいから、とか、動物は動くけど短命でも、植物は動かなくて寿命が長い、みたいな感覚的にもそうだと思っていました。
 日本の大学生について行われた研究でも、体育系の学生と、文科系、理科系の学生では、老い先の平均年齢は、前者が60歳くらい、後者が66歳くらい、という結果が実際に出ています。
 でも、この記事を信じるのであれば、いわゆるPPK(ぴんぴんころり)でなくって、鬱々として死ぬというのは、ちょっと意外。

[PR]

by sitejm | 2007-11-28 20:00 | ヘルス

富は人を幸せにする?

 ドイツで行われた研究結果が先週の金曜に発表された。

 それによれば、自分の給料に対する満足感は他の人の給料との比較によって、影響されるのだという。
d0051212_20165814.jpg
 この研究では、38人の男子学生の二人のペアを作り、スクリーンに映った点の数を数えさせ、その行動に対して賃金を払うという実験がなされた。

 実験の中で、参加者らは自分の回答を相手に教えられると同時に、相手の回答も教えられる。このときの脳の活動をトモグラフによって測定した。

 その結果、自分の賃金に対する満足感が、相手の賃金の額によって影響される傾向があることが分かった。

 相手より賃金が良かった参加者の場合、脳の「報酬システム」と呼ばれるエリアが、賃金が相手と同じだった参加者と比べて、活発に活動していた。
 
 この実験では、相手と同じ回答であったにもかかわらず、自分の賃金が多かった場合、報酬システムの活動は、最も多くの賃金を貰った人の活動よりも著しかった。

 回答が正解であったのに、少ない賃金をもらった人の場合、報酬システムの活動はより小さかった。

 相手が失敗したのに、自分は正解した場合には、報酬システムは最高度の活動度を示した。

d0051212_20222465.jpg 研究者らは、金銭的な報酬が最も重要である、という昔から言われている説は、この実験結果によって覆されたのだ、と言う。

 報酬の影響を相対的に評価した実験はこれが世界初なのだそう。
 
 報酬の重要性の影響を無視することなく、報酬システムの活動は給料の与えられ方によって増大していることから、人は競争によって動機付けられることが解る。(jm:この辺、訳があいまい・・)
 
 研究チームは今後、女性やアジア人を対象として、性別や文化の影響についても調査を行う。

 Life & Brainセンターと、労働調査研究所、及びボン大学の研究者らによるこの研究結果は、2007年11月23日付けのサイエンス誌に掲載されている。(RADIO-CANADAより)

>>人の不幸はなんとやら・・・と申しますが。人間とは、まあ、随分ひどい生き物だと思いましたわ。自分もその人間の一人だと思いますと、くわばらくわばら・・・・・。
[PR]

by sitejm | 2007-11-25 20:04 | 科学

ヒトクローン

 国連は、人クローン個体産生禁止条約成立への同意が得られないため、将来的にヒトのクローンの権利を保護する準備を進めている。

 国連大学高等研究所から、こんなレポートが提出された。
 
 この報告書では、ヒトのクローン作成を罰することができない状態が続けば、何年か後には、クローン人間が登場するとされている。

 研究者らは、難病の治療のために、細胞のクローンを作ることは認められるべきだが、ヒトや動物のクローンは止めるべきだと言う。

 研究者らは、クローンやヒト胚の実験利用は、極めて厳しく規制されるべきだと主張している。

 現時点では、この問題に対する各国の同意は得られていない。

 包括的に、クローニングを禁止とする国もあれば、たとえば難病の治療のためのクローンは規制しないという国もある。(jm注:この条約は2002年度から継続して検討が進められているそうで。包括的に禁止、とするのは米、伊、スペイン等、治療のための研究はOKというのは英、中、加、そして日本)

 「ヒトクローンの作成は禁止し、難病治療のための研究目的のクローニングは除外されることが、最も望ましい」と、報告書の共著者ベンダム・トビンはいう。

d0051212_19143432.jpg 大多数の国では、ヒトのクローニングは生物学上の理由から、禁止している。

 50カ国以上が、「人クローン個体産生禁止条約」に賛成票を投じなかった。
 否定した国では規制がないため、研究者らはこれらの国で自由にヒトのクローニングの研究が出来ることになる。

 報告書では、各国はこの問題に対する責任を認識し、クローンで生まれた人にも他の人と同じ権利を保証すべきであると、指摘している。

 また、各国はクローンで生まれた人たちを、偏見や虐待、差別から保護する必要がある、としている。(Radio-CANADAより)

>>将来、知らない間に自分のクローン人間がその辺を歩いていたら、びっくりしますね。
 おお、わが子よ!と素直に思えるかどうか・・・。

[PR]

by sitejm | 2007-11-25 19:16 | 科学

めがね

 「かもめ食堂」のスタッフとキャストがそろった映画というので。

 ゆるーい映画だろう、と。

 何も起こらないんだろう、と。


 最近わてくしも、いろいろと

世の中に疲れてしまったので、

 ちょうど、いい塩梅の映画だろう、と。

d0051212_23414884.jpg


 何もなく。

 海だけきれいで。

 出てくるご飯がことのほか、美味しそうで。

 生唾は湧いたけど、

 良かった!とか

 みるんじゃなかった・・・とか

 言うこともなくて。

 多分・・・

(以下は、映画の主旨に関するかもしれませんので、これからこの映画を観たい方は、読まないでください)

d0051212_23572170.jpg






  観ている人もたそがれるための、映画。
[PR]

by sitejm | 2007-11-23 23:45 | たまには映画を

THE BOURNE ULTIMATUM

d0051212_1553959.jpg  ストーリーは書くまでもない、記憶をなくした元CIAエージェントが逃げまくるお話。

 ボーン・アイデンティティをテレビで見たら、割と面白かったので、観にいきました。

 何が面白いって、ジミーちゃん顔のマット・デイモンをはじめ、没個性的なルックスの俳優ばっかり集まっているのに、最初から最後まで、緊張感がびしーっと走っているところ。

 ←のポスターなんて、顔のない男、だけど存在感たっぷりのボーン=マット・デイモンの独特の個性をよく表していると思います。

 ボーン・スプレマシーで、やっぱり没個性的フランカ・ポテンテが死んだことになってしまったのは、次のヒロインを立てようとしているのが見え見えで、少しがっかりですけど。
 ・・・・と思っていたのですが、よーく考えてみると、もしかするとギャラ上げでも要求したのかもしれませんね。言うこと聞かない俳優が、シリーズものの中で事故死したことになるのはよくあるらしいですから。

 ジュリア・スタイルズがボーンシリーズに出ているのにもびっくりしました。

 この人は、「恋のからさわぎ」とか「セイブ・ザ・ラストダンス」みたいな、いわゆる「青春映画」のイメージしかなかったので。

 でも、ワテクシは嫌いではありません。恋の・・・でも、への字口のひねくれお姉ちゃんをやってのけたり、セイブ・・では、ダンスが上手で、実力はきちんとある人です。

 への字口は相変わらず。ボーン・アルティメイタムでも、まるで「福笑い」並みの表情がいけています。
d0051212_162158.jpg
  

d0051212_1632110.jpg ジミーちゃん、いや、マットも、顔に見とれないで済むだけに、演技を集中して観察できるので、適任です。

 People誌には、世界で最もセクシーな男性に選ばれていますけどね。

 男は顔じゃない!を地で行く人です。

 確かに、アメリカの番組をネットでちら見したりすると、彼のジョークは和み系で面白いし、ハーバード大卒でも浮かれていない謙虚な態度が魅力的に見えるかもしれません。

 →アクションもちゃんとやっています。→



 ↓決して、ママチャリではありません。 

d0051212_1652046.jpg

 
[PR]

by sitejm | 2007-11-18 18:07 | たまには映画を

デジャヴュの証明

 この光景は見たことがある、と思うことがある。

 アメリカのデューク大学医学部の研究者が、この現象を解明しようとしている。

 彼らの研究によれば、脳の二つの領域の一つだけがある状況の概要のみを記憶する。その結果、今まで体験したはずがないものを見たことがある、と勘違いする現象が生じるのだそう。

 医学的な解説によると、ヒトの脳の側頭葉は基本的に、そのときに特別な出来事に集中する。
 一方、前頭葉は、詳細事項は省いたまま、概要だけを記憶する。

 神経細胞学者のRoberto Cabeza は、ヒトの記憶はコンピューターの記憶とは違い、常に完全な正確さを保つわけではない、と言う。

 なぜ、想像上の出来事を記憶にあると思ってしまうのか?

 その原因を解明するため、研究者らは、精神的に健全なボランティアを対象として、実際の現象と想像した事項に関するテストを受けさせた。
 その間、彼らの脳をスキャンするのだ。

 テストによって記憶している間、脳が活発に活動していることが明らかになった。

 この結果、実際にあったことを記憶するためには、出来事の微細な事項まで記憶できる側頭葉が活発に活動していることが分かったのだ。

 一方、想像上の出来事を記憶する場合、前頭葉での神経系統が活発に作動していることが分かった。

 研究者らは、前頭葉の記憶が優先された場合、出来事の概要だけを記憶しているので、それがデジャヴュのような誤解につながるのではないか、と述べている。

 調査結果は、ニューロサイエンス誌に掲載されている。(Radio-CANADAより)

>>今回の訳はかなり適当なので、自信がないのですが、少なくとも、デジャヴュというのは、怪しげな本や雑誌に書かれているように、前世がどうのこうの、ではなくて、脳が誤った記憶を呼び起こしておきるんだということが良くわかりました。
 おかげで、この謎も解決しましたわ。ん?解決したのかな?

[PR]

by sitejm | 2007-11-11 12:13 | 科学

The brave one

d0051212_20472555.jpg  映画のチケットが4枚あって、使用期限が11月末なので、慌てて観て来た一本。


 NYのラディオ・ホスト エリカ・ベイン(ジョディ・フォスター)は最愛の婚約者(インド系英国人 ナヴィーン・アンドリュー。なかなかセクスィー)と幸せに暮らしていた。ある晩、エリカと婚約者は暴漢に襲われる。エリカの意識が戻ったとき、婚約者は既に死に、葬儀も終わっていた。
 ショックから立ち直れず、外出するだけでも過敏になってしまうエリカ。
 彼女は、ある晩、銃を手に入れる。
 別人になることで、哀しみの底から這い上がれる。
 夜の街を歩き、彼女は・・・・・・



d0051212_21272954.jpg


 ジョディ・フォスターの、あの冷酷そうな薄い唇も期待通り。
 刑事役のテレンス・ハワードも瞳がきれいで、なかなかキュートなのね。

 でも、むにゃ~っとした喋り方が、これまで観て来た映画の刑事役とずれていて、笑えるのですブルース・ウィリスなんかもその類ですけど、ブレイブ・・のテレンスはスーツ姿なので、ちょっと違うやろ、と。デンゼル・ワシントンみたいにきりっとしなはれ、と
 自分の職場にも本物の刑事さんがいらっしゃってよく見ているので、そういう本物のイメージとはぴたりはまっているんだけど、映画で観ると、ちょっと違わない?と思えるのですね。d0051212_21273957.jpg

 エリカの上司?役のメアリ・スティンバーゲンはちょい出演ですが、なかなか存在感があります。
 容赦なくて、正直で、かつ合理的なアメリカ人を演じています。
 あの人は、BKTF3時代は、淑女的なイメージが許せなかったものですが、今では「海辺の家」で娘の彼氏とやっちゃうオカン役なんかもはまっていて、割と好きですね。
d0051212_21274822.jpg

 ジョディ・フォスターが主演で、内容も面白そう。
 特に、自分にとっては、「羊たちの沈黙」の優等生で無敵のイメージの彼女が、40代(ですよね?)に入り、傷ついてダーティで、でも善良な一市民を演じるのが、とても興味深く感じました。

 しかしながら、人に聞いたり、ネット上の評価を見たりすると、一様に
「ラストがどうも、ねえ・・・・・・」って。

 確かに、あれ?そうしちゃうのでっか?
 と思いましたけれども。

 でも、わたしにはこれで良いと思えるのす。○○さんの行動はどうかと思いましたけど、主人公の行動は、とてもナチュラルで、こうあって欲しかった、と。
 
 わたし、道徳心が欠落しているんでしょうか・・・・・。

 以下は映画の内容にちょっと触れるので、これから映画を観る方は読まないで欲しいんですが、

d0051212_21275614.jpg





 ラストがどうのこうのより、ジョディ・フォスターが「ジェニファー・アニストンに似ている」ことの方が許せませんでしたけど。
 どう観ても、「ヘレン・ハント」ですよ。
 
[PR]

by sitejm | 2007-11-10 21:26 | たまには映画を

半落ち

 毎週末、図書館へ歩いて行きます(じーさんぽいですが)。
 一度に5冊くらい借りるので、毎週通っていると読みたい本がなくなって来るのです。
 でも、折角来たので、何か借りたい。
d0051212_2255781.jpg そこで、図書館の検索用PCで、一番、貸出回数の多い本を検索した結果が、これ。

 短くあっさりした文章でストーリーが進行します。

 アルツハイマーの妻を殺した警察官・梶を取り巻き、検事やら弁護士やら、裁判官まで、あれこれ考え、悩んでいます。

 読んだ人は、この中の誰かに、己の姿を投影するのかもしれません。

 ただ、男の人向きかな。特に、熟年の。

 私は推理小説だったら、もっと粘っこいか、少しは色気のある話がいいかな。 
 
[PR]

by sitejm | 2007-11-05 21:58 | 読書も好きです(いろいろ)

ファイナルへの切符

 女子シングルでは、カナダのジョアニー・ロシェットがフリーの演技を行った。トータル168.18。これでファイナル出場のランキング5位から3位へ浮上した。
d0051212_10151458.jpg
 カナダの国民的チャンピオンは、去年と同様、3回転のコンビネーションジャンプを諦めた。
 
「演技の前に何を考えていたかと言うと、私は満足していました。カナダの人々を前にして、とても緊張していて、今でもそうです。でも、皆さんの前で演技できたことを誇りに思っています。
 残念ながら、いくつかミスをしましたが、それでも21年の練習成果を全て出し切ったと思います。確かに、『ああやってジャンプするんだった』『こうするんだった』と思いますが、終わったことを悔やんでばかりいても仕方ないですから。この週末の成果は、自分なりに納得しています」
(jm注:彼女はこの大会まで、どこかでミスをして入賞を逃すことが多く、かなり落ち込んでいた時期があったらしい。そのために冒頭の発言となった模様)

 世界チャンピオンは、日本の浅田真央(トータル177.66点)。ミスなく演技を終えた。
 2位の中野由香里は169.43点。出場者の中でただ一人、トリプルアクセルを決めた。
 (Radio-CANADAより)

>>カナダのニュース記事を翻訳したので、浅田・中野のコメントがなくてすみません。
 TV中継録画では松岡修造がやたら「観客はトリプルアクセルを見たかったと思いますよ」と連発していたが、見たかったのはあんただけやろ、と。
 多くの人は、トリプルをダブルにして切り抜けた真央の選択を予想していたろうし、それが良かったと思っていると思いますけどねえ。

 それにしても、真央はやっぱりすごいなあ。底力がある。
 さらに凄いのが中野たん。よく頑張った!真央は若いからまだいくらでも失敗できるし、受験しなくても中京大へ進学できるんだろうけど、中野たんは、大学卒業前。こういうときにここまで力を出し切れるところは見事!
 

[PR]

by sitejm | 2007-11-04 10:15 | スポーツ

Live the life you love

d0051212_9384072.jpg これも啓発本ですわ。

 今まで読んだ数々の御本の中では、一番、解りやすく面白いかな。
(迷いなき人生を歩んでいる人には、きっと馬鹿馬鹿しいことしか、書かれてないと思いますので、奨めません。)

 とりわけ面白かったのが、自分の人生を幼少期・少年期・青年期に分け、その時代時代で好きだったことを三つ上げ、何故それが好きだったかを考えるプロセス。

 やってみると、自分が何が好きなのか、今でもやっぱり好きなことは好きであることが、ようやく見えてきた(いや、こんなことしなくても普通の人には分かるんでしょうけどね)。

 さらに、好きなことを本当に仕事にして大成功するシーンをイメージするというプロセスも面白い。想像するのはタダですからな。

 たとえば、料理が好きなら、5年後に自分でレストランを開いて大成功するシーンを描く。

 大成功した自分は、そのさらに5年後に、どんな形で成功しているか、とまた描く。d0051212_9385089.jpg

 すると、はじめはレストランで料理人をやって成功する夢を描いていたのが、レストラン・チェーン店経営で大もうけしていた、というストーリーを描いていたりするのです。

 ということは、この例で言えば、料理は好きだけど、自分が最終的にやりたかったのは、金儲け。
 そういうところが見えてくるのが面白い。

 もう一つ挙げると、何かを続けよう、と思って続かないときは、そのことを二度とすまい!と誓ってみる。または、毎日二十分しないといけないけれど、1分だったら我慢できるから、まず1分から始めてみる。

 これは、結構、わてくしには効果がありまスた。
[PR]

by sitejm | 2007-11-04 09:36 | 読書も好きです(いろいろ)