男兄弟の末っ子は・・

d0051212_7185145.jpg ある研究で、ヒトの性的嗜好は、母親の胎内で成長しているときに決定されることが分かった。

 これまでに行われた研究では、兄の多い男性ほど、同性愛者になりやすいことがわかっている。しかし同性愛者になりやすい原因は分かっていない。
 ブロック大学のAnthony Bogaert研究員によると、今日では、性的な嗜好は後天的な影響より、先天的な影響を受けやすいのだという。

 研究者は肉親または養父母に育てられた944人の同性愛者と異性愛者の男性について、分析した。
 その結果、兄弟が同一の母親を持つ場合に、特にその人の兄の数と同性愛者数に高い相関関係が見られることが分かった。

 Bogaert教授は、男性の性的嗜好は出生前に確定していることがこの研究で証明されたのだという。 

 これは母親の生物学的な記憶に左右されているのだと考えられるのだそう。
 何人もの男の子を生んだ女性の体は、それを記憶するが、この記憶が将来的に子供に同性愛嗜好が発生する原因となるという。
 というのも、母体が男子の誕生を次第に別のものに変化させる免疫を作り始めるためである。
 この漸進的な変化によって、脳が影響されるというのだ。
 
 この調査では中絶や流産はカウントしていない。

 調査結果は米国科学アカデミー誌で公表予定。(Radio-CANADAより)

>>ケビン・スペイシーは確かに3男坊ですが。

 そういえば、タヒチなんかでは、女の子の方がこまごまと働いて役に立つため、生まれるのが男の子ばかりだと、末っ子を女の子として育てる風習があるそうですな。
 動物としてのいろいろな欲求を、儀式や習慣にしているのが人間なので、この発見もその一つなのかも。
[PR]

by sitejm | 2006-06-28 23:32 | 科学

W杯2!

 日本勢も帰国してしまって、あんまり見る気のしなくなったW杯ですが、相変わらずおもしろ素敵なプレーがいっぱいです。(W杯特集!参照)

 とりあえずは真面目に日本選手たちの雄姿の振り返りをお楽しみください。
 (個人的な好み都合で、特定の選手しか選んでいませんが。)

d0051212_23475811.jpg

 これはクロアチア戦の写真ですが、ブラジル戦前半では
「落ち着いて!落ち着いて!」
と、メンバーに声をかける姿が印象的だった、川口選手。
 ときどき、罵声になってるところが、熱いねぃ!

d0051212_23491650.jpg

 「落ち着いて!・・」
といいながら、時々前に飛び出しすぎてしまう、川口氏。
 あんたが落ち着きぃや。

 しかし、数々のファインプレーで、世界からも注目を集めている模様。
 W杯公式ページで取り上げられる写真数も、日本人選手の中では最も多い。
d0051212_23531110.jpg

d0051212_23543519.jpg

d0051212_09831.jpg

d0051212_23503430.jpg

 ブラジル戦の流れを決めたかもしれない、前半戦の太っちょロナウドのシュート。
 この太っちょロナウドからも、「キーパーがよく頑張っていた」と評された川口氏。

d0051212_23511488.jpg

 「ルンルン♪」ロナウド。

d0051212_23522124.jpg

 「兄ちゃん、おいらにもボールをくれよぅ!」 
 お兄さんそっくりの弟みたいな、イガグリ坪井選手と同じくイガグリロナウド。
 「ひげダンス」な坪井選手の手と「イチジク浣腸!?」なロナウドの右手にもご注目を。

d0051212_23562348.jpg

 腕つかまれてますが、シュートが決まってよかったね。

d0051212_23565290.jpg

 ブラジルの犬と戯れるジーコ様。彼の心はあんまり日本に向いていなかったのかもなあ・・。

 以下は海外の選手たちの一面。

d0051212_23582090.jpg

              「やだー!やったわ~!!」
         クロアチアの男性は、ユニホームからして可愛い系だ。

d0051212_23585473.jpg

             こういう人もいるし。

d0051212_2359204.jpg

          あんまりにも可愛いので?こんなことされちゃったりして。
            「暴力はいやよ~!!」

d0051212_011466.jpg

                「ちゅっ。」
           いろんな愛し方があるようで。

d0051212_042275.jpg

              「むぎゅっ」。
              こんな愛し方も。

d0051212_033680.jpg

            「やったぞ!ゴールだ!」
            「う、うぐぐ・・・・」
            愛は時に苦しいものなのだ。

d0051212_0113654.jpg

            「やったぜ!」
            「くるしーっつの!!!」

d0051212_051046.jpg

            これはただの反則です。
   「ちゅーーーっ」と精気を吸い取ってるようにも見えます。
[PR]

by sitejm | 2006-06-26 00:05 | スポーツ

W杯特集!

 冬季オリンピックでもやっちゃいましたが、やっぱりW杯でも・・。

 ちなみに、わたし、オーストラリア×日本戦直前まで、W杯にはまったく興味がありませんでした。ってか、サッカー自体に何の魅力があるんか??と思っていたくらいで。
 でも、見始めるとはまるもんですな。

 では、早速、日本選手から。
d0051212_21135149.jpg

             中田のタックル。

d0051212_21152472.jpg

            中村俊介。さすがに疲れたようで。

d0051212_21433396.jpg

もひとつ中村俊介。オーストラリア戦後に注目されていた模様。
後ろの小野さんにも頑張ってもらいたい。

d0051212_21164272.jpg

柳沢。評判良くなかったですが、彼も頑張ってるんですよ。

d0051212_22584359.jpg

 テレビで上から見ていると、あれこれ言いたくなりますけれども、
選手たち、みんな必死なんです。
 右は福西。左はすごい形相で誰だかわからないくらいの宮本。

d0051212_21452948.jpg

ジーコ様と土下座する選手たち。

d0051212_2118335.jpg

イタリアのyahoo!で、日本人選手の中では一人、「NO.1 foto」に入っていた川口氏。おいしいねぃ。

d0051212_21185421.jpg

          「ガオー!!」吼える川口氏。三都洲も「ガオー!」

d0051212_21193850.jpg

                泣かないで・・。

 ・・さて、ドイツとイタリアのyahoo!を見ましたが、どうも日本人選手の写真は少ないのです。
 仕方ないので、他国の選手のファインプレーなど、ほか。
d0051212_21203831.jpg

                 神業的。

d0051212_2121444.jpg

                 ある意味神業的。

d0051212_21232060.jpg

                 迫力プレー!

d0051212_21234757.jpg

               「あひゃひゃ!」
               「あきゃきゃ!」
               楽しそうなプレー。

d0051212_2124257.jpg

              彼らも楽しそう。
              「そーっと。」
              「そーっとね。」

d0051212_21345110.jpg

             ひどいファウルもあります。

d0051212_2128494.jpg

            何のスポーツか分からないくらいです。

d0051212_21262641.jpg

            どっちもどっちです。

d0051212_2125497.jpg

            危ない!!冷や冷やもの!

d0051212_21271913.jpg

            この後どうなったのか・・・。

d0051212_21273670.jpg

            これもある意味気になりますが。

d0051212_2128152.jpg

            ボールマン!(意味不明)

d0051212_2324627.jpg

            ボールマン2!(意味不明2)
           
d0051212_21293456.jpg

            「いくわよ!アターーック!!」

d0051212_2130643.jpg

            いや!顔はぶたないで!

d0051212_21303582.jpg

            「うひょひょ~」
            兎に角、本番中はいろんな表情があります。

d0051212_2132623.jpg

           ああ、イエス様・・。

 サポーター編↓に続きます。
[PR]

by sitejm | 2006-06-21 21:32 | スポーツ

W杯特集!~サポーター編~

 W杯特集!に引き続き、サポーター編。
 
d0051212_2148279.jpg

             まずは、日本。可愛いねぇ。

d0051212_21491924.jpg

             韓国も可愛い!

d0051212_21494677.jpg

             お、韓国いいですね。

d0051212_2150211.jpg

             これも韓国の子。清楚な感じがいい感じですね。

d0051212_21504477.jpg

             ときどき、こんな人も。

d0051212_2151143.jpg

             こんな人もいたりして。
             ワンダフル韓国!

d0051212_21515772.jpg

             アメリカらしいですね。美人のヤンキーガール。

d0051212_21524912.jpg

             パラグアイ。フレッシュで~す!

d0051212_21572677.jpg

             トリニダード・トバゴ。

d0051212_22382819.jpg

             同じくトリニダード・トバゴ。
             勝たないと、しばかれそうです。

d0051212_21592337.jpg

         どこの人かな?激しくきれいな人!

d0051212_2215256.jpg

         スイスの人かな?激しく・・。

d0051212_2153886.jpg

         エクアドル。これまた美人ぞろい。

d0051212_21534215.jpg

         スウェーデン。美人だね。

d0051212_21535824.jpg

         同じくスウェーデン。

d0051212_21533218.jpg

         ウクライナもなかなか!

d0051212_21543519.jpg

         赤ちゃんも可愛い~!

d0051212_22301624.jpg

         ウクライナは男子もなかなか!!

d0051212_22303362.jpg

         ウクライナは・・。

d0051212_2263375.jpg

         ドイツ。サッカーボールのような人。



d0051212_2264824.jpg

         ドイツ。サッカーボ・・・。

d0051212_2273155.jpg

         コスタリカ。可愛い!

d0051212_227502.jpg

         クロアチアも可愛いね。

d0051212_22265773.jpg

         赤ちゃんまで!

d0051212_22281327.jpg

         クロアチアに浮気する日本の娘。こら!

d0051212_2285896.jpg

         おお!黒衣をまとっていない珍しいイラン美女!

d0051212_22285916.jpg
                モナコ。

d0051212_2213515.jpg

         アルゼンチン・・・。

d0051212_2281926.jpg

         チェコ・・・・・・・・・。

d0051212_22312392.jpg

         美人になりそうね。ブラジル。

d0051212_22314834.jpg

         メイクがすごいけど、この人もきれいやね。チュニジア。

d0051212_22322386.jpg


d0051212_22323923.jpg

         この人も、すごいメイクで。(メイクっていうのか??)
         興味のある方は「変な頭編」もどうぞ。

d0051212_22333352.jpg

         元気いっぱい。ガーナ!

d0051212_22395793.jpg

         対照的なフランス?

d0051212_22404866.jpg

         きれいな写真に飽きたら、締めは「おじさん's」で。
[PR]

by sitejm | 2006-06-21 21:13 | スポーツ

W杯特集!~変な頭編~

 「W杯特集~サポーター編~」で、変な頭の人↓
d0051212_2372296.jpg

を見つけたばっかりに、「変な頭編」を作らずにはいられませんでした。

               まずは、木の生えてきた人。

d0051212_2341878.jpg



               ニンジンの生えてきた人。

d0051212_2363917.jpg




               オウムの生えてきた人。

d0051212_2374811.jpg



                なんか生えてきた人。

d0051212_238141.jpg



               ドイツの子。可愛いから許せる。

d0051212_23114652.jpg



               こんな頭はイヤだ。               

d0051212_2384658.jpg



               もういいです、チェコの人は。(「サポーター編」参照)

d0051212_2394340.jpg



               これは文化なのか??

d0051212_23101031.jpg



          アルゼンチンの人はこんな人ばっかりなのか??
          (「サポータ編」参照)

d0051212_23104366.jpg



          これはどこかな?変だけど、さわやか系。

d0051212_23111599.jpg



          普通にしてれば、シブイ系だろうに・・。

d0051212_23123241.jpg



           変アタマより、おメデタお腹?。

d0051212_2314525.jpg



           アタマの傘はいらなさそうな人。

d0051212_23152430.jpg



おまけのおまけ・・

d0051212_23131488.jpg

           これは変じゃない、オシャレなロナウジーニョ。
           試合もこんな感じにすればいいのにね。

 あ~あ・・こんなことするのに3時間近くかかっちゃった・・。
 W杯、あんまりはまるのは、良くありません。
[PR]

by sitejm | 2006-06-21 21:00 | スポーツ

環境と健康

d0051212_13134547.jpg 病気の原因が環境の悪化による患者数が、世界の病人数の1/4に達しそうだ。
 金曜に発表されたWHOの報告による。

 WHOの統計によると、下痢や呼吸器系疾患、マラリア、疾病、さらに地震や洪水などの災害による疾病まで含めると、世界中で毎年1,300万人の人が亡くなっているのだ。

 子供は環境汚染の影響を特に受けやすい。小児患者の1/3が環境問題によるのだという。
 下痢で死にいたる患者数のうち、94%以上が子供である。
 その原因は、水質の悪化だ。これは、乳児の死因の第一を占める問題でもある。
 また、マラリアによる死者数のうち、子供は40%を占めるという。 

 WHOの報告書は以下のようにまとめている。

・途上国での死因の25%は環境問題によるものである。これに対し、先進国では17%である。
・病気の種類は国によって異なっており、たとえば貧困国でのマラリア患者数は、先進諸国の患者数の15倍にも上る。
・逆に、循環器系の患者数は、運動不足から発症する場合が多く、先進諸国では途上国の7倍にもなる。
 
 報告書では、水質を保証するためには、水源を管理すること、たとえば飲料水を確保することなどが必要だとされている。

 また、マラリア対策として、マラリア原菌の媒介となる蚊の発生地から離れた地域に井戸を作ることなども提案されている。

 感染性の肺病に注意するには、交通や炭鉱による外部の大気汚染、タバコの煙による室内のの空気の汚染対策が必要だとしている。
 呼吸器系疾患は、環境汚染に関連した病気としては、2番目に取り上げられている。

 WHOの定義する環境汚染によるリスクの定義は、広範囲に及ぶ。

 貧しい国々の不衛生な環境、住居や職場での有害物質の使用なども病気のリスク因子とされている。
 また、スラム街で絶望した人々の自殺や設計の悪い道路で発生する事故なども含まれている。

 国連の報告によると、貧民街の人口は毎年2.2%ずつ増加しており、特にブラック・アフリカ(jm注:サハラ砂漠より南の地域)ではその傾向が顕著である。2020年までには1億4千万人に達するという。
[PR]

by sitejm | 2006-06-18 12:15 | エコロジー

月に住む

 英国の物理学者、ステファン・ホーキンスは地球の将来に対し、悲観的だ。

 ケンブリッジ大学教授の彼は、先般、香港で講演し、人類の生存は宇宙でいかに新しい居住地を見つけられるかにかかっている、と述べた。

 彼によれば、地球人は今後、20年以内に月に基地を築き、40年以内に火星を開拓することになるのだそう。
 しかし、64歳の科学者は、人類にとって、太陽系ではこの地球ほど美しい星は見つからないという。
 
 また、宇宙の開拓地では、人類は殺し合いでもしない限り、自立的に生存することは不可能で、100年くらいは母星となる地球からの支援を必要とするのだそう。(Radio-CANADAより)

↓地球と月
d0051212_102622.jpg
 

>>「引越しのサカイ」は果たして月まで行ってくれるかどうか・・。
 ベンキョウしてくれるかどうかも心配です。

 住民票に「月」とか「火星」とか書かれるのは面白いかもな。
[PR]

by sitejm | 2006-06-17 09:33 | 科学

肝臓に優しいコーヒー

d0051212_9142232.jpg コーヒーには、酒の飲みすぎによる肝硬変を予防する効果があるのだとか。

 合衆国で行われた調査では、1日1杯のコーヒーで、肝硬変の発症リスクを20%低下させられることが分かった。
 実際に、コーヒーを飲む人ほど、肝硬変で入院したり死亡したりする危険性を抑制できるのだという。
 しかしながら、飲酒以外の原因による肝硬変とコーヒーの間には何の関連も見られなかったのだそう。

 研究主任のアーサー・クラツキー博士は、コーヒーを飲めばいいというものでもないし、アルコールの飲みすぎにはコーヒーが効く、と言っているのでもない、という。

  Kaiser Permanentの研究員は、コーヒーの飲用と肝硬変の減少率の関係を証明するにとどまらず、肝細胞に関与したり、肝機能障害を予防したりする生化学的反応を解明することが重要だという。
 
 同様の効果は、お茶では観察されなかった。
 したがって、カフェインによる影響ではなさそうだ。
 研究内容は、「the Archives of the internal medicine of the United States」に掲載されている。(Radio-CANADAより)

>>「コーヒーを飲めばいいというのではなく、肝細胞での生化学的反応を調べることが大切だ」と釘をさしているところが、医学博士らしくて素敵です。
[PR]

by sitejm | 2006-06-14 21:58 | ヘルス

オタマジャクシも歳をとる

d0051212_10432661.jpg アメリカで行われた研究によって、精子の質は男性の年齢と共に劣化することが分かった。
 男性の高齢化が進むほど、生まれてくる子供が先天的小人症に苦しむリスクが高まるのだという。
 
 国立ローレンス・リヴァモア研究所の研究チームは、22歳から80歳の男性約100人の精液中のDNAを分析した。調査対象には、タバコを吸わない、かつ生殖能力に問題のない男性らが選ばれた。
 
 研究者らは、DNAの損傷と染色体異常は年齢と共に増加することに注目した。
 遺伝子の突然変異による小人症、すなわち「軟骨形成不全症」の発症率は、男性が1年歳をとるごとに2%ずつ増加するのだという。

 一方、女性の場合とは異なり、男性の年齢とトリソミー異常(jm注:染色体異常でダウン症や小人症などの原因となる)の増加との間には、関与が認められなかった。

 「私たちの研究では、男性にも生態時計はあるが、女性のそれとは異なり、受精能が(急激ではなく)徐々に変化する傾向があることが分かりました。」とBrenda Eskenaziはいう。

 彼女は、年鑑米国科学アカデミー誌(PNAS)で発表されたこの研究に関わった研究者だ。

 高齢で子供を作る男性が増えている近年、年齢が男性の再生機能に及ぼす影響が解明されることが望まれる。(Radio-CANADA)

>>記事の元ネタによれば、高齢の人の精子ほど、真っ直ぐ泳げなくなって運動能力も衰えていくのだそう。
 結婚・子作り年齢が高齢化している日本でも、重要な課題になりそう。
[PR]

by sitejm | 2006-06-14 20:46 | ヘルス

宇宙飛行士のお仕事

d0051212_21554062.jpg 国際宇宙ステーション(SSI)に駐在する二人の飛行士は、6月1日夜、6時間半に渡ってステーションの外で作業を行った。

 アメリカのジェフェリー・ウィリアムスさんとロシアのパヴェル・ヴィノグラドスさんは、SSIの酸素生成装置の排出口の掃除をした。

 彼らはステーション内部で、エンジンの汚染度を検査した。

 また、宇宙空間においても微小な生態系が生存できるかどうか研究するために設置されたキノコや菌類の入ったコンテナを移動させた。

>>・・・危険な宇宙の任務をこなすエリート中のエリートたちにも、こんな雑用があるのですな・・。

 ご参考まで宇宙飛行士のお給料安いと見るか、高いと見るかは・・。

 こんなのもあります。JAXA宇宙飛行士の採用時本給!?「7.処遇」のところを見てね。
[PR]

by sitejm | 2006-06-07 22:08 | 科学