<   2004年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

たいふーん

 台風がまた来ている。

 過去の今日のお話でも書いたように、自分の住んでいる辺りは台風が毎年訪れるので、あ、また来たか、という感じ。

 年間、27個くらい発生しているのに、日本に上陸するのはそのうち3個くらいだそう。

 といっても、地球上で発生する熱帯低気圧は台風だけではない。日付変更線(東経180度)より西の太平洋、南シナ海で生まれた熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が17.2m/s以上のものを台風と呼んでおり、東経180度以東だと、ハリケーン、インド洋で発生するとサイクロン、と呼ぶらしい。
d0051212_15291671.jpg
 この熱帯低気圧について、最近気になっていることがあった。

 欧米では熱帯低気圧を人の名前で呼んでいる。

 何ゆえ、気圧に人の名前を付けるのか?? 「太平洋でジェーンとミラーが・・」なんて言われても、ぴんと来ないし、多分、私だったらどっちがジェーンでどっちがミラーなんだか、きっと混乱してしまうだろう。

 熱帯低気圧に人の名前を付けたのは、20世紀初頭のオーストラリアの気象予報士だったという。その予報士は、気圧に嫌いな政治家などの名前をつけ、揶揄したとされる。

 その後、第2次大戦中、アメリカの軍の予報士達が自分の妻やガールフレンドの名前を熱帯低気圧に付けるようになり、1979年にはWMO(世界気象機関)などが男性の名も含めたリストを使うようになったらしい。

 これらにならってか、日本でも当初はアメリカ風に女性の名を台風に付けていた。しかしながら、1953年から、1号、2号と番号で呼ぶようになった。

 これは、西暦の下二桁とその年の始めからの通し番号二桁とを合わせた計四桁の数字(例:1999年の5番目の台風は「T9905」となる)からなる台風の国際番号を応用しているようだ。 ・・・だからといって気圧に人の名前を付ける理由はよく分からないんだけど、山の神や海の神がいると考える日本人にとって、人間の名前をつけるよりは番号の方がしっくりくるのかもしれない、と私は納得することにした。
[PR]

by sitejm | 2004-07-30 23:22 | 科学

蜘蛛の糸

 spider・・と聞くと、spider's thread・・・芥川龍之介・を連想してしまうのは、年のせいか、自分の性格のせいなんだか・・。

d0051212_1522850.jpg そうじゃなくて、今日、スパイダーマン2を見てきたところ。

 前作を2,3年前にマレー語のDVDで見て、言葉もわからないのに十分過ぎるほど面白かったので、とても期待していた。

 当然、サム・ライミは私を裏切らなかった。

 元々、人間くさいヒーローではあったが、今作はさらにスパイダーマンが有機的であり、かつそれが彼をより魅力的に見せている気がする。

 ピーターの感情が、あの素早い動きと雄叫びに表現されているのも、観客の感情の動きにぴたっと一致していて、楽しい。

 トビー・マグワイアは、神経質そうな額とベビーフェイスから、ポスト・ユアン・マクレガー辺りかなあ、と思ってみていたけど、憂いを帯びた瞳が一方でM.Jフォックスを彷彿とさせるようなコメディアン的なびっくりお目目も演じ、かつ体がびしっと鍛えられているところが新しいのかなあ、と。

 でも、なんと言っても女性をきゅんとさせるのは、急にビルから降りられなくなったスパイダーマンがエレベーター内で住民と鉢合わせ、コスチューム、いかしてるねという相手に、もじもじしながら
「チクチクするんだ・・股に食い込むし・・」
と辛さを告白するシーンじゃないだろうか。

 あんなキュートなヒーロー、見たことない。
[PR]

by sitejm | 2004-07-17 23:20 | たまには映画を

またもや祝!

 今度も祝ネタ。

 芥川賞と直木賞の発表があったが、モブ ノリオさんが芥川賞を受賞した。

 5月、ふと手にした「文学界」でモブ氏の「介護入門」を読んだ。

 筒井康隆系のマシンガン毒舌で語りながら、どこかびっくりするほど人間くさい語り口調につられて、一息に読んだ。

 芥川賞とるかも~、と思っていたら、ほんとに取ったのでなんだか嬉しい気持ち。
 (モブ氏の独特の風貌と雰囲気も魅力的なので、ミーハー的にも嬉しかったりして。)

 一部の言葉を除いたら、芥川賞受賞作であること以前に、厚労省や文科省ですら諸手を挙げて推薦するようなお話でもあるので、興味がある方は是非読んでみることをお薦めする。

 ヤンキーの子が電車の中でお年寄りに席を譲っているのを見るような、新鮮な感動がある。
[PR]

by sitejm | 2004-07-15 23:18 | 今日の個人的お話

祝!


 今日はめでたい日である。

 私はこの一年、ぐずぐずと文句ばっかり言って過ごしてきたが、あの人は、非常な苦しみにもめげず、しあわせを追求していたのだ。

 ほんとは、あの人の肩をばーんと叩いて言って見たかったけど、今後会うことはないだろうから、この場を借りて言います。

 「今度こそお幸せに!!」
[PR]

by sitejm | 2004-07-03 15:18 | 今日の個人的お話