カテゴリ:たまには映画を( 113 )

Little Miss Sunshine

d0051212_2313913.jpg どうしたんだろう、NHKさん。

 昨日あたりから面白い映画をみせてくれる。
 
 リトル・ミス・サンシャインは、7歳の眼鏡少女オリビアの夢を叶えるため、問題だらけの家族が黄色のおんぼろフォルクスワーゲン(ミニバス)で、美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の会場に向かう珍道中を描いたロードムービー。

 勝ち組にこだわるが売れない本を書く父親、自殺未遂者でゲイの叔父、パイロットになるため、沈黙の誓いを立てる一切無言の兄、ヘロイン中毒で老人ホームを追い出された激悪じいさん・・・。
 かなり個性的な家族が一台のバスでアルバカーキからカリフォルニアまでの遠距離を移動する。

 最近のロードムービーはアクションやらサスペンスやらが多い中、のんびり型のこの映画は珍しい。d0051212_2333391.jpg

 道中の家族の不機嫌そうな会話も面白いし、のんびり過ぎてちょっとイラッとするようなシーンも、背景がきれいだったり、普通にあるけど見慣れない光景と併行させたりしている。
 荒っぽく見えて、芸の細かい映画である。

 印象的なのがアラン・アーキン演じる口の悪いじーさん。
 この人は、最後の最後まで強烈な形で存在感を示すのだ。

 また、、「恋愛小説家」とか、「ベティ・サイズモア」など、有名な映画に出ている割には、余り面白くない印象のグレッグ・キニア。
 彼は勝ち組、負け組み、とうざい父親を演じていて、最初は今までどおり、大して面白くない。
 ところが、最後の方で映画を最高に盛り上げてくれる。

 この映画も、何度観ても「あ~、観た観た~!」と言わせてくれる。
[PR]

by sitejm | 2010-10-26 23:33 | たまには映画を

Deja Vu

・・・・以下、yahoo!CANADAよりベタな翻訳で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 d0051212_1818152.jpg
 誰もが経験したことのある「デジャヴュ(既視感)」。
 初めて会う人なのに、これまでどこかで会ったような気がするという感覚。
 しかし、それが過去から送られた警告、あるいは未来への鍵であったならば?
 
 ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)の捜査官ダグ・カーリンは、ある爆発犯罪の捜査で、思いがけず、デジャヴを感じる。
 ニューオーリンズフェリー上で発生した爆発事故の検証のために呼ばれたカーリンは、最も有力な証拠である「誰かの心の中にあるもの」を見つけ出そうとしていた。
 何の罪もない人々の命を救うため、彼は犯人との激しい戦いに身を投じることになるのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 行きつけのレンタルビデオ屋さんで、面白い作品として紹介されていた。
 面白いの(DVD)を見たい、と、ビデオ屋に私を連れて行った酔っ払いのお連れ様は、酔っ払っているので、観たいものが決まらない。店内をいつまでもぐるぐる廻っている。

 そこで、自分が手に取ったのがこれ。

 スピード感あるし、デンゼル・ワシントンが出ているだけで緊張感があるし、久々にヴァル・キルマーという俳優が居たことを思い出したし、冒頭はそれなりに楽しめる。

 しかし、デンゼル・ワシントンにSFは似合わない。

 多分、製作者らもそれを知って、敢えて彼を使っている。

 似合わないのでぶっ飛び感があって、その瞬間、私も意識が遠のいて、しばし記憶がぶっ飛んでしまった。

 しかし、目覚めてから、早送りで観始めたら、途中から、面白くなってきた。
 なるほどねえ~、と。 

d0051212_18292617.jpg それにしても、デンゼル演じる捜査官がデジャヴュを感じる被害者女性役のポーラ・パットン。ハル・ベリーによく似ているので、yahoo!CANADAでチェックするまで別人と気づかなかった。
 →似てませんか??
[PR]

by sitejm | 2010-08-15 18:29 | たまには映画を

GLORIA

 相方に薦められて観てみました。
d0051212_1075748.jpg
 古い映画ですけれど、なかなかハラハラ・ドキドキ。
 
 ある組織の会計をしていたプエルトリコ系の男が、組織の情報をFBIに漏らしていたことがばれ、組織に追われる羽目に。

 男の妻の友人で、かつて組織に関与していたグロリア(ジーナ・ローランズ)が、たまたま妻の元に珈琲を仮にきたところ、息子のフィルを委ねられ、その後、一家はフィルを除いて惨殺される。

 グロリアは6歳のフィルを連れて逃げ惑うのですが、子供嫌いの彼女が、フィルに「ママは美人だけど、あんたは違うからママじゃない」と悪態をつかれながらも、銃を片手に1人で組織と闘う様子に引き込まれます。

 ジーナ・ローランズは派手なアクションをするわけでもないのに、気迫たっぷり、度迫力。

 女性らしく、きちんと身奇麗にして、オシャレにしている様子もこの映画の魅力かも。

 映画が作成されたのは1980年頃。

 かつてグロリアの男だった、組織のトップが、かつての情婦にすぐには手を出せない様子も、なんだか人間くさい当時の時代背景を思い起こさせていい感じ。

 アラフォー以降の女性にお勧めかも。 
[PR]

by sitejm | 2010-08-07 10:10 | たまには映画を

Inception

 ストーリーはyahoo!movieなどでご覧いただくとして、、

兎に角面白かった。
 
 というより、おもしれー!って感じでしょうか。

d0051212_2235943.jpg
 「マトリックス」みたいに観たことのない光景が沢山。(最初はストーリー聞いて、「エルム街の悪夢」を想像しましたわ。古い人間ですんで。)

 あー、こういう感じ想像したことはあるけど、ビジュアルで実際に確認すると、おもしれー!

というような。

 レオナルド・ディカプリオは、「Departed」以来、アイドルっ気がすっかり抜けて、ジャック・ニコルソン化している。

 横顔は相変わらず素敵ですけどね。

 もっと驚くのはケン・ワタナベさん。
 ラスト・サムライでレッド・カーペットを歩いている頃は、まだ知らない日本人、な雰囲気に溢れていました。

 でも今や、レオと並んでも全く見劣りがしません。

 ものすごく表情が重厚だ。


d0051212_22365415.jpg

 元々重厚な顔ですが、貫禄というか、「渡辺 謙」という人が完全に世界のブランドになった感じ。

 この人が出たお陰で映画が安っぽくなくなったと言ってもいいかも。

 それから、夢の設計士として登場する女子大生(ソルボンヌ大の?)を演じるJUNOのエレン・ペイジが良かったです。
 ちょっと皮肉で、ちょっと小生意気そうで、でも、ソフトな女の子の部分を隠し持ってる感じが彼女らしい。

 
d0051212_22411492.jpg


 視覚的刺激を求める人におすすめです。
[PR]

by sitejm | 2010-08-03 22:50 | たまには映画を

ダーティ・ダンシング

d0051212_1451156.jpg 二十年以上前の有名映画を、なんとなく見始めたのですが、やはり、名画は名画ですな~!

 何から何まで忙しい今の時代に見たって、面白いのですわ。
 ストーリーも映像も。以下、yahoo!USAのMovieから訳。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1963年の夏、ベイビー(ジェニファー・グレイ)は家族とともにキャッツキルで夏のバカンスを過ごしていた。
 ベイビーは、この機会を利用して、ウィッグをつけ、メレンゲダンス(サルサっぽいダンス)教室に参加する。
 彼女はリゾート地のダンス講師・ジョニー・キャッスル(パトリック・スウェイジ)に出会い、すべてが一変する。
 ベイビーはジョニーから新たなダンスステップ-ダーティ・ダンス-を教わったのだ。
 そのダンスは彼女の中から、今までになかった強さや才能を引き出し、彼女を取り巻く世界は大きく変わり、彼女は成長していく。
 彼女はリズムとブルースで、ジョニーへの愛を表現する。(yahoo!USAのMovieより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 この紹介はちょっと大事なところを端折っていますが、要は身分違いの恋がテーマ。

 裕福な医師家庭のお嬢様ベイビーと、飛びっ切りのダンサーであるにもかかわらず、ダンスで何とか生計を立てているジョニー。d0051212_15305687.jpg
 ベイビーはジョニーのことを、家族に紹介することもできず、このことがジョニーを傷つける。

 そして、ジョニーのダンス・パートナー(ジョニーの恋人ではない)のペニーは、ホテルのレストランのボーイ(医学部生でもある)のロビーに妊娠させられている。ロビーは、ベイビーの姉のリサにちょっかいを掛けていた青年だ。でも、ジョニーもペニーも仕事を失うのを恐れ、口を閉ざし、割安の違法堕胎の費用すら捻出できないでいる。

 ベイビーとジョニーの恋に気づいた、ベイビーの父親も苦しむ。
 大事な娘をこんな男に・・・、という父親の思い。 
 彼は、ジョニーがペニーを妊娠させ、違法な堕胎のあげく、ペニーの身体を傷つけたのだと誤解していた・・・。

 ダンスの軽さと対照的に、中身はひどく重い気がしました。

 パトリック・スウェイジのバレエ仕込の美しいダンスも魅力的です。
 彼はルックスは微妙なんですが、「ハート・ブルー」でも見せた体のキレのよさは、名立たる俳優の中で抜きん出ていると、ワテクシは思います。

 このパトリック・スウェイジ、去年の夏(2009年9月)、すい臓がんで亡くなっていたのですね。
 「ゴースト」であれほど日本でも騒がれたのに、日本の新聞には載っていなかったような。。
 御冥福を。
 
[PR]

by sitejm | 2010-01-10 23:42 | たまには映画を

The Pursuit of Happyness

 寒いのと喉が痛いのを理由に、インドア生活にはまっているのですが。
 不健康も、たまにはいいか。
 ちなみに、タイトルのつづりはこの映画の中では、誤りではありません。

d0051212_0304824.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は頭がいい。才能もある。しかし、今はジリ貧のセールスマンだ。
 生活するのもやっとのこと。家賃も払えない。ガードナーは5歳の息子を抱え、サンフランススコの安アパートから追い出されてしまう。
 ガードナーは有名証券会社のインターンシップに参加することを決めるが、彼と息子の前にはさまざまな困難が待ち受けている。貧しい人のための避難所で生活しながら、それでも彼は息子とのよりよい生活を求めて、夢を追うのだった・・・。(yahoo!アメリカのMovieより意訳)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 仕事に疲れた友人と見ようと思ったので、胸がすかっとするようなサクセス・ストーリーを、、と思ったら大間違い。
 観ても観ても、主人公クリスにはいつまで経っても浮かばれない。
 
d0051212_031117.jpg  あまりの悲惨な生活ぶりに、もういいよ、もういいよ、頑張らなくていいから。地下鉄電車にでも飛び込んで、楽におなり、、と悲鳴をあげたくなるくらい。

 これが実話に基づくというのだから、世の中には、本当に大変な人がいたものだよ。

 ウィル・スミスみたいなヒーロー的俳優が、乱れた白髪交じりのサラリーマンを演じているのも、余計に哀れさを醸し出してる。

 以下、ある意味、ネタばれになるので、これから見る人はすっ飛ばして欲しいのですが、

d0051212_0341469.jpg


d0051212_0342947.jpg



 普通のサクセス系映画と比べて、異様にどん底期間の描写が長くて、観てるのがイヤになりそうなくらいなんですけど、多分、ラストが地味だからだと思います。

 サクセス系って、笑うしかないほどのどん底の後は、金も女も権力も手に入れた、極端な極楽暮らしが一般的ですから。
[PR]

by sitejm | 2009-11-29 00:36 | たまには映画を

JUNO

d0051212_9435710.jpg  せっかくの連休ですが、11月初旬の風邪がまだ長引いているので、旅に出られませんでしたわ。そのため、DVD観て、すごしています。
 さて、JUNOは若い子向け?の映画ですが、なかなか面白い。
 以下、ストーリー。

************
 16歳なのにメイクやファッションには興味なし、パンクロックとB級映画が好きなJUNO(エレン・ペイジ)は、ボーイフレンドのポーリー(マイケル・セラ)の童貞を奪った上、妊娠してしまう。一度は下ろすことも考えたJUNOだが、胎児にはもう、爪も生えている、と聞いて、里子に出すことに。親友のリアと新聞で里親を探すと、美男美女の理想どおりの里親が見つかった。父親(J.K.ガーランド)と訪ねてみると、高級住宅街に住む里親は、夫のマーク(ジェイソン・ベイトマン)が音楽家、妻ヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)はバリバリのキャリア・ウーマンというリッチな夫婦。里親との契約も済み、後は着々と出産に向けたJUNOだが、これがきっかけでポーリーとの関係も、里親の夫婦の関係も変わってしまうとは・・・。
***************************


 ・・・みたいなお話。

 暗くなりがちな10代の妊娠というテーマが、軽く、明るく取り上げられています。d0051212_9443168.jpg

 16歳は確かに衝撃的でストレート。若さゆえに、大人にははた迷惑なこともしてしまう。

 でも、案外、悩まず、あっけらかんと里子に出すというストレートな結論は、超合理的に考えれば、JUNOの決断は最良の選択だったのかも。

 仕事のことから、休日の昼に何を食べるかまで、ときには悩んでしまう自分としては、悩まない、合理的な生き方とは、一つの賢い選択なのだな、と。この映画の伝えたいこととは違うと思いますけど。

 さて、それにしてもJUNOを演じたエレン・ペイジの演技力は素晴らしい。日本で言えば、蒼井優ちゃん的なルックスと声で、大人顔負けの見事な演技。早口で顔を皮肉にゆがめながら、毒を吐くのが小気味良い。
 また、スパイダーマンではうるさい編集長役のJ.K.ガーランドも、懐の広い父親ぶりに、あ、普段は普通のおじさんなんですね、と安心安心。
 JUNOのボーイフレンド・ポーリーを演じるマイケル・セラの煮え切らないモジモジ男振りもd0051212_9451094.jpg面白い。
 
 里親のジェイソン・ベイトマンは、何となく懐かしさを感じる顔だと思っていたら、「大草原の小さな家」の子役を演じていたのだそう。男の子がいたとは覚えていなかったけど。
[PR]

by sitejm | 2009-11-23 20:01 | たまには映画を

CRASH

d0051212_9563012.jpg*****************
 白人の検事(フレイザー)とその妻(ブロック)。ペルシア人の雑貨店オーナー。南米系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人(ドン・チードル)の恋人同士の2人の刑事。アフリカ系アメリカ人のTVディレクタ(ハワード)と、その妻(ニュートン)。メキシコ人の錠前屋。アフリカ系の二人の車泥棒。勤続17年のベテラン警官(マット・ディロン)と白人の新米警官。すべてロスで暮らしている。
 彼らが、これから36時間の間、衝突(クラッシュ)する・・・
*****************


 アメリカ固有の人種差別問題が、さまざまな形で、いろんな場で軋轢を生んでいることに気づかされる映画。

 これを、サンドラ・ブロック、マット・ディロン、ドン・チードル、テレンス・ハワード、サンディ・ニュートン、ブレンダン・フレイザー・・・・と豪華なだけでなく実力派キャストが演じるのだから、静かな映画なのにひと時も目が離せません。

d0051212_102119.jpg 特に印象的なのは、マット・ディロン演じる虫唾が走る嫌な警察官が、黒人のセレブ夫婦(テレンス・ハワード、サンディ・ニュートン)を弄るシーン。見ているだけで頭に血が上る。
 でも、その血も、物語が進むにつれ、降りてきます。

  全体の感想としては、良かったような、後味の悪いような。
  意味のない映画ではないと思うけど。
[PR]

by sitejm | 2009-11-22 10:10 | たまには映画を

The Departed

d0051212_22481446.jpg 香港映画「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイクといえば、この映画。

 ストーリーはこちらを参照していただくとして、二年以上前に上映されたものを最近、やっとTVで見ました。

 というか、なんとなく見ました。

 それが、はまりますよ、これ!
 ラストシーンを何度も脳裏でリプレイしたくなるほど、鮮やか。
 
 ハリウッドリメイクで、キャストがゴージャスだから面白い、、と言うのもあるけれど、何と言っても面白いのがストーリー。

 仲間を欺き欺かれ・・・のやり口は、深い歴史あっての中国産ならでは。

 さて、キャストの方はといえば、レオナルド・ディカプリオはラリッてんとちゃうか?というほどの熱演振り。

 マット・ディモンは、ワテクシの中の「イイ人な俳優BEST3」に入っているが、WORSTに吹っ飛んでしまうほどの、嫌なイヤなヤツ振り。本来の癒し系のおとぼけ顔すら、ムカつくくらい。

 これだけのキャストでもすごいのに、ぽっちゃりアレック・ボールドウィンが、マット演じる「警察へ送り込まれたマフィア」のアホ上司を上手に演じているかと思えば、レオ演じる「マフィアへ送り込まれる警察官」の上司を太っ腹マーチン・シーンが演じている。
 d0051212_2322054.jpg
 どちらもほんとにはまっている。
 俳優選びがいいというより、やっぱり、ものすごい役者ばっかり!

 極めつけはマフィアのドンを演じるジャック・ニコルソン。

d0051212_22501636.jpg

 イカレぶりがいつも以上に光っていて、かつマフィアを演じるのを観るのは初めてなので、ベテラン俳優が初めて新鮮に見えたかも。

 ニコルソンの存在感はありすぎだし、ディカプリオも彼のイカレぶりに引っ張られるかのように爆発寸前だし、そのせいか、真面目に演っているのはこの二人だけに見える感じ。

   
d0051212_22575114.jpg

 それも、マット、アレック、マーチン・シーンなど名優たちの名演技の賜物なのかな?

 ディカプリオなんて、だんだんニコルソンの若い頃か?ってくらいの仕上がりなんですよ。 
d0051212_22572810.jpg

[PR]

by sitejm | 2009-05-18 23:05 | たまには映画を

Slumdog Millionare

 以下、あらすじ(yahoo!USAのyahoo!Movieより)。

 この映画は、ムンバイのスラム育ち、18歳のジャマール・マリックの物語だ。
 彼はこの日、人生最大の経験を迎えようとしていた。
 すべての国民の見守る中、インドの人気番組「億万長者になるのは誰?」で、彼は2,000万ルピーを賭けた最後の質問に答えるのだ。
d0051212_18435224.jpg
 しかし、質問が翌日に持ち越されると、彼は警察に捕らえられる。
 「詐欺」の容疑だった。

 「スラム育ちのガキが答えを知っているわけがない」

 ジャマールは無実を証明するため、スラムで育った彼の過去を語り始める。
 兄と旅しながらの生活、地元のヤクザとの激しい抗争、そしてジャマールが最初で最後に恋をした少女ラティカ。d0051212_18411654.jpg
 彼の物語のすべての章に、クイズで出された質問に答えるための鍵が隠されているのだった。

 ジャマールを捕らえた警部は、次第に彼の物語に引き込まれていく。
 彼の物語に憔悴した警部は、考え始める。
 「こいつは金には興味がない。ショウに出た本当の目的は何なのか・・・?」
 
***もっとあらすじが書かれていたのですが、これ以上書くと面白くないので、訳は途中で止めときます。

 さらに今回は、ワテクシノ感想文ではなくって、「US マガジン」の4月27日付けニュースの翻訳付きで。
*************************************
 

 「フリーダは本当に美しい。私は本当に幸せです」
 デブ・パテルの母親は感歎している。
d0051212_18253816.jpg
 スラムドッグ・ミリオネアの共演者デブ・パテルとフリーダ・ピントが今日のトピックだ。

 数日後の水曜、パテル(19歳)とピント(24歳)が、カフェ・イスラエリで仲良くランチを食べていたことが報じられた。パテルの母親は、彼らが一緒にいたことを認めている。

 「最初は映画の中だけでしたが、今は、すべてが納まるべきところに収まったという気がします」とパテル夫人は月曜のデイリー・ミラーのインタビューで語っている。

 「彼にとってこれ以上の光栄はありません。フリーダは本当に美しいし、私は二人を祝福します」
とパテル夫人。
d0051212_18264896.jpg

 息子のパテルが、イスラエルで「ミラル」(ジュリアン・シュネイベルのドラマ)の撮影中のピントの元を訪れたことについては、夫人は
「はい、息子は彼女に逢いにイスラエルへ行きました。」
 と応えている。

 パテルの訪問中、彼とピントはテルアビブのPDAに滞在し、海岸を歩いたり、海岸沿いのレストランでシャンペン付きのディナーを楽しんでいたのだそう。
  
 パテルとピントは今年、スラムドッグ・ミリオネアのプロモーション中は、二人の仲を否定していた。

 スラムドッグ・ミリオネアはアカデミー賞を受賞。

 アカデミー受賞の席で、「いえいえ、違います」とパテルはライアン・シークレストの発言を否定している。(USマガジンより)

**************************************

>>彼には勿体無いだろう!とか、ちびまるこちゃんのおじいちゃんみたいな顔してるくせに!なんて言ってはいけませんよ。
[PR]

by sitejm | 2009-05-05 18:26 | たまには映画を