セレブと貧民、どっちが長生き?

 年をとるにつれて、健康はかけがえのないものになる。

 英国で行われた調査によれば、中流階層の人は上流階層の人より、生理学的に年をとりやすいのだそう。
 
d0051212_20453432.jpg 調査結果では、中流の人々は、上流の恵まれた人たちと比べ、なんと7歳も早く年をとってしまうことがわかった。
(←イメージ:映画「王子と乞食」)
 研究者たちは、18歳から75歳の年齢層・社会的階層の異なる英国人の双子1,552人に対してこの調査を行った。
 DNAや染色体についても調査が行われた。
 
 その結果、研究者たちは、まず、同じ年に生まれた女性なのに、階層が違うと、7歳もの生理学的年齢の差があることに気づいた。

 この差は、収入、教育、衛生面、そしてタバコなどの生活習慣や肥満からだけでは、説明が不可能だった。(→イメージ:映画「小公子」)d0051212_20454627.jpg

 研究者たちは、細胞の高齢化は、ストレスによるものではないかと考えている。
 
 不安定な雇用状態や大勢の中で何度ももまれるというストレスが、この差の生じる要因なのではないかという。(Radio-CANADAより)

>>そういえば、親が金持ちでお嬢の友達と一緒にいると、「え~!○○さんとjmさんって同級生だったんですか!?jmさんって、異様に落ち着いてますよね~!」とよく言われますが。そういうことだったのね。
 それより寿命はどうなんですかね。中流階級の人々の細胞はセレブより早く高齢化するのに、長生きしてしまうんなら、受難の道はさらに・・・。世知辛いですなあ~。
[PR]

by sitejm | 2006-07-29 20:40 | ヘルス

紅茶ダイエットとカレーダイエット

 また新たなダイエットの武器が登場した。
 
 「スパイス」である。
d0051212_20124354.jpg

 オランダのMaastricht大学で行われた研究によると、紅茶とカレーで痩せられるのだそう。

 これらのスパイスは、身体の熱が脂肪を燃焼する自然のプロセスを活性化させるのだという。

 緑茶やブラックティーでも同様の生体反応を示すという。

 その他のスパイスの中にも痩身作用があるものもある。
 たとえば、ティッカ(jm注:インド料理の味付けのこと???よくわかりません)やバルチ(jm注2:これもカレー系味付けのこと?よーわかりません)は満腹感を与え、食欲を抑制する。また、消化を促進する作用もあるのだとか。

 マウスでの実験では、黒胡椒、コリアンダー、唐辛子、クミン、生姜にも消化を助ける有用な作用があるという。

 成分に体重を減少させる作用があると考えられるものの、紅茶だけ、カレーだけという食事ではほとんど効果がないだろう、と研究者たちは言う。

 運動と健康的な食生活の両方を取り入れるのが、ダイエットには効果的である、と研究者らは述べている。論文は「生態と行動」誌に掲載されている。
 
>>「カレーだけダイエット」はいいけど、「紅茶だけダイエット」はイヤですな。
 そういえば、プーケットやアラブを旅したとき、食べ物がとても美味しいのだけど、なぜか直ぐにお腹が一杯になって食べ切れなくて、残念だったことを思い出しました。
[PR]

by sitejm | 2006-07-29 18:51 | ヘルス