The brave one

d0051212_20472555.jpg  映画のチケットが4枚あって、使用期限が11月末なので、慌てて観て来た一本。


 NYのラディオ・ホスト エリカ・ベイン(ジョディ・フォスター)は最愛の婚約者(インド系英国人 ナヴィーン・アンドリュー。なかなかセクスィー)と幸せに暮らしていた。ある晩、エリカと婚約者は暴漢に襲われる。エリカの意識が戻ったとき、婚約者は既に死に、葬儀も終わっていた。
 ショックから立ち直れず、外出するだけでも過敏になってしまうエリカ。
 彼女は、ある晩、銃を手に入れる。
 別人になることで、哀しみの底から這い上がれる。
 夜の街を歩き、彼女は・・・・・・



d0051212_21272954.jpg


 ジョディ・フォスターの、あの冷酷そうな薄い唇も期待通り。
 刑事役のテレンス・ハワードも瞳がきれいで、なかなかキュートなのね。

 でも、むにゃ~っとした喋り方が、これまで観て来た映画の刑事役とずれていて、笑えるのですブルース・ウィリスなんかもその類ですけど、ブレイブ・・のテレンスはスーツ姿なので、ちょっと違うやろ、と。デンゼル・ワシントンみたいにきりっとしなはれ、と
 自分の職場にも本物の刑事さんがいらっしゃってよく見ているので、そういう本物のイメージとはぴたりはまっているんだけど、映画で観ると、ちょっと違わない?と思えるのですね。d0051212_21273957.jpg

 エリカの上司?役のメアリ・スティンバーゲンはちょい出演ですが、なかなか存在感があります。
 容赦なくて、正直で、かつ合理的なアメリカ人を演じています。
 あの人は、BKTF3時代は、淑女的なイメージが許せなかったものですが、今では「海辺の家」で娘の彼氏とやっちゃうオカン役なんかもはまっていて、割と好きですね。
d0051212_21274822.jpg

 ジョディ・フォスターが主演で、内容も面白そう。
 特に、自分にとっては、「羊たちの沈黙」の優等生で無敵のイメージの彼女が、40代(ですよね?)に入り、傷ついてダーティで、でも善良な一市民を演じるのが、とても興味深く感じました。

 しかしながら、人に聞いたり、ネット上の評価を見たりすると、一様に
「ラストがどうも、ねえ・・・・・・」って。

 確かに、あれ?そうしちゃうのでっか?
 と思いましたけれども。

 でも、わたしにはこれで良いと思えるのす。○○さんの行動はどうかと思いましたけど、主人公の行動は、とてもナチュラルで、こうあって欲しかった、と。
 
 わたし、道徳心が欠落しているんでしょうか・・・・・。

 以下は映画の内容にちょっと触れるので、これから映画を観る方は読まないで欲しいんですが、

d0051212_21275614.jpg





 ラストがどうのこうのより、ジョディ・フォスターが「ジェニファー・アニストンに似ている」ことの方が許せませんでしたけど。
 どう観ても、「ヘレン・ハント」ですよ。
 
[PR]

by sitejm | 2007-11-10 21:26 | たまには映画を