Million Dollar Baby

d0051212_23253514.jpg  30過ぎの、ガッツだけが取柄の女子アマボクサーが、熟練トレーナーのトレーニングを経て、ボクシング道を突き進むお話。

 前にも見たのだけど、また見てしまった・・・・・・。

 この映画では、ヒラリー・スワンクの男前振りが、一層奮い立つ。
 一方で、クリント・イーストウッドのよぼよぼぶりにもびっくりする。
 
 ドイツの娼婦上がりの強豪悪得ボクサー・青熊ビリーというキャラも面白い。見た目もかなり怖くて、男前ヒラリーがちょっとかわゆく見えるくらいだ。

(以下、ネタばれになり得るので、映画をご覧になっていない方は、飛ばしてください。)





d0051212_23305399.jpg


 しかし、老人と娘ほどの若い女との関係と言ったら、もっと明るいものではないのか。

 この映画の登場人物たちは、始終、悲しみに包まれているのだ。
 なぜか、モーガン演じる片目の老元ボクサー以外は。

 二度も見ておきながら、言うのもなんだけど、
こんな哀しい映画は、もう、二度とみたくない。









 でも、観るんだろうなあ・・・・・・。
 
[PR]

by sitejm | 2007-10-20 23:34 | たまには映画を