Strictly Ballroom(ダンシング・ヒーロー)

 また見てしまいました。これで3度目。

d0051212_20334537.jpg のっけから濃い顔、ケバケバしい色遣いに騒々しい人々・・。しまった、苦手なジャンルだったかも、と思いきや、見ているうちにぐんぐん画面に吸いこまれます。

 監督は「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン。
 私はダンシング・・・を見てから、ムーランを見たのですが、ムーランの監督を誰か知らなかったのに、直ぐに分かるほど、独特の色彩と世界があります。 

 以下、あらすじ。

「スコット(ポール・マーキュリオ)は素晴らしいダンサーだが、社交ダンス協会に反発して新しいステップを取り入れようとし、大事なダンスのパートナー・リズにまで逃げ出されてしまう。汎太平洋大会に出場したいスコットだが、パートナーなしでは踊れない。
 そこに現れたのが、母親のダンス教室の冴えない生徒、フラン(タラ・モーリス)。髪はもじゃもじゃ、あばた面にビン底めがねで前歯も欠けて、ダンスの基礎も知らない。それでも大会出たさとフランの熱意に負けてレッスンをはじめるスコット。フランは初心者にも関わらず、ある日素晴らしいステップを見せる。彼女はスペイン系移民でステップは家族に教えられたものだった・・。」
 
 上述はほんの触り。ここから物語はさらに深くなる。スコットとフランのそれぞれの父親が出てくるシーンが良い。
[PR]

by sitejm | 2007-02-17 23:17 | たまには映画を