紅茶ダイエットとカレーダイエット

 また新たなダイエットの武器が登場した。
 
 「スパイス」である。
d0051212_20124354.jpg

 オランダのMaastricht大学で行われた研究によると、紅茶とカレーで痩せられるのだそう。

 これらのスパイスは、身体の熱が脂肪を燃焼する自然のプロセスを活性化させるのだという。

 緑茶やブラックティーでも同様の生体反応を示すという。

 その他のスパイスの中にも痩身作用があるものもある。
 たとえば、ティッカ(jm注:インド料理の味付けのこと???よくわかりません)やバルチ(jm注2:これもカレー系味付けのこと?よーわかりません)は満腹感を与え、食欲を抑制する。また、消化を促進する作用もあるのだとか。

 マウスでの実験では、黒胡椒、コリアンダー、唐辛子、クミン、生姜にも消化を助ける有用な作用があるという。

 成分に体重を減少させる作用があると考えられるものの、紅茶だけ、カレーだけという食事ではほとんど効果がないだろう、と研究者たちは言う。

 運動と健康的な食生活の両方を取り入れるのが、ダイエットには効果的である、と研究者らは述べている。論文は「生態と行動」誌に掲載されている。
 
>>「カレーだけダイエット」はいいけど、「紅茶だけダイエット」はイヤですな。
 そういえば、プーケットやアラブを旅したとき、食べ物がとても美味しいのだけど、なぜか直ぐにお腹が一杯になって食べ切れなくて、残念だったことを思い出しました。
[PR]

by sitejm | 2006-07-29 18:51 | ヘルス