高慢と偏見と、ワンダーランド


 最近、英国映画好きの知人ができて、

昔、コリン・ファースのファンだったハート

と言ったところ、

「高慢と偏見」

のDVDを貸してくれました。

d0051212_23395122.jpg

 
 「高慢と偏見」は、

英国の田舎町を舞台として、

跡取りのない5人娘と両親の暮らす一家が、

遊びに来た資産家や士官らとの結婚を巡る

騒動を描いた物語です。


 最後まで観て驚いたことには、

一言で言えば、

「女子がハンサムな資産家と結婚するのに躍起になっている話」

でしたわ。

 

 まだご覧になっていない人には、



ネタバレ注意!!


ですが、



まるで



結婚だけがゴーーーーール!!!



みたいな、そういう物語に思われたからです。



 昨今、世間を騒がせている

英国の価値観って、

こんな感じなのか!


と、とても驚いたのです。


 物語の舞台は18世紀とはいえ、


「高慢と偏見」は何度も映画化されているから、


英国人、こういうネタが好きなのね、

と思って。

 

 でも、今日、TVで放映されていた

「アリス・イン・ワンダーランド」

を見たところ、様子が違っていました。
d0051212_23402380.jpg


 20歳で結婚しなければならないらしい、

アリスが、子供の頃に訪ねたワンダーランドで

アリスが本当に進みたい道を選ぶのです。

 その姿がとても力強くて、

すがすがしかったです。
d0051212_23403512.jpg
 
[PR]

by sitejm | 2016-07-01 23:41 | たまには映画を