【映画】The Towering Inferno

d0051212_14363740.jpg 以前から何度も見ようとして、挫折してました。 昔の映画は冒頭が、のんびりして、入りにくいからです。

 でも、早送りで見てみたら、こんなドキドキする映画はありませんでした!
*******あらすじ(参考:映画.com)*******
 サンフランシスコの空にそびえ立つ138階建ての世界一高い超高層ビル“グラス・タワー”が落成の日を迎えた。
 設計者のダグ・ロバーツ(ポール・ニューマン)は、大きな仕事を終え、コンクリートの大都会からのがれ出て、大自然に移住しようと考えていた。
 ところが、突如、
グラス・タワーの地下の発電機が故障し、その結果、81階で火災が発生。
 グラス・タワーの配線工事がロバーツの設計通りに行われていなかったためだ。
 ロバーツはビルのオーナー・ジム・ダンカン(ウィリアム・ホールデン)に落成パーティーの中止を申し入れたが、ジムの対応は遅い。通報を受けた消防隊の 隊長のマイケル・オハラハン(スティーヴ・マックィーン)は、ロバーツにタワーの設計を確認しながら、パーティの参加者の脱出方法を検討する。
 参加者たちは、135階からエレベーターを使って降りようとして大混乱。
 聾唖の居住者、情事にふけっていたカップルにも火災は忍び寄る。
 やがて、火災が広がり、エレベーターも人を乗せたまま燃えてしまう。屋上からの救出を試みるヘリコプターも・・・
********************************

 1975年の時代に、よく、こんなスケールの大きい映画が作れたなあ。
 火災の映像も、爆発して壊れた階段を降りるポール・ニューマンたちの動きも、真に迫っている。
 特撮だなあ、と感じるのは終りの方でヘリコプターが出てくる場面くらい。
d0051212_14365528.jpg
 どうやって高層ビルの火災を外側から撮ったのだろう、と不思議に思っていましたが、高さ20m以上にもなる模型を作って演出されたそうです。撮影スケールもでかい!
 
 この映画は、当初、別々の配給会社が予定していた映画を1本にまとめてできたそうで、出演者も当初案から変わったりしたそうです。

 スティーヴ・マックウィーンは当初案では建築家役だったそうですね。
 しかし、熱血の消防士役がとても合っていました。
 
d0051212_14364549.jpg
 007のダニエル・クレイグとマックィーンが似ているといわれていましたが、この映画を見ると、本当にそう思います。
 


[PR]

by sitejm | 2015-05-03 14:21 | たまには映画を