Love in the Afternoon~昼下がりの情事~

 d0051212_22272137.jpgヘプバーンの有名な映画の一つですが、こんなにきれいな映画だったとは!
***以下、あらすじはallcinemaより転載****
 私立探偵クロードの娘アリアーネは、父親のファイルから、アメリカの富豪フラナガンの資料を盗み読み、彼に恋をしてしまう。ある日、フラナガンに逢う機会を得たアリアーネは、恋愛に慣れたプレイガールのフリをして彼に近づくが……。B・ワイルダーによる、オシャレなラブ・ロマンス。
**************

 ハリウッド映画を見慣れた現代人にとって、古い映画はモノクロで、ちょっとスピードが緩い。

 だから、途中で少し、観ている気持ちがたるんでくるのです。
 
 登場人物も極めて少ないしね。
d0051212_22271260.jpg 激しいエッチシーンがあるわけでもないし(笑)

 でも、ゲーリー・クーパー演じるフラナガンが、アリアンヌ(と、字幕では書かれていました)に夢中になっていく辺りから、面白くなってきました。

 そのポイントは人によって違うかもしれませんね。

 人助けをしようとしたアリアンヌでしたが、なぜかプレイボーイのフラナガンに夢中になっていくのも、女心の描き方がうまい!

 アリアンヌのお父さんのクロードも、娘につかず、離れず、かつ仕事はできるし、素敵なおじさん。

 以下、少しネタバレになるのでこれから観る方は読まないでほしいです。
(↓意外なところで、日本ネタも出てくるんですよ)

d0051212_22270246.jpg
 

 お父さんが有能な探偵であったばかりに、思わぬ形で、フラナガンに関わることになります。
 でも、お父さんの最後の爽やかすぎるセリフに泣かされるのですよ。
 
 もっとも、あんなに可愛らしいヘプバーンに、あんな風に泣かれたら、ゲーリー・クーパーじゃなくても落ちるだろう、と泣きながらヘプバーンにキュンキュンしました(笑)。

d0051212_22274181.jpg

  
[PR]

by sitejm | 2015-01-07 22:44 | たまには映画を