Life of Pie

d0051212_21475128.jpg ライフ・オブ・パイ、上映中に見そこなったので、やっとDVDで見ました。

 映宣のとおり、ライフボートにトラと取り残された少年が200日以上も大海原を漂流する話ですが、前置きも面白かったです。

 インドで動物園を経営する父親の元で育ったパイ。
 本名はフランス語で「プール」を意味する「ピシン」だが、英語でピシンは「pissing」(小便している)と同音異義。
 
 学校でからかわれるのが嫌で、パイと名乗り始め、そう認められるエピソードもなかなか面白かったです。

 パイの家族は、インドの政情が変わって、動物と共にカナダへ渡ることになります。
d0051212_21452856.jpg

 船旅のシーンでは、意外な役で、フランスの名優ジェラール・ド・パルデューが登場するのも興味深いです。

 ボートに残される少年とトラ。
 
 過酷な状況にも関わらず、少年の知恵と優しさと明るさが、ほろっとさせたり、くすっと笑わせたり。

 なんといっても映像の美しさが半端じゃありません。

d0051212_21454097.jpg
 これは是非とも大画面で見るべきでした。

 また、この映画のいいところは、大人から子供まで、誰でも楽しめるところです。
 ディズニー映画のように、大人が子供に返って観る必要もありません。

 そのままの心で、素直に楽しめる映画でした。
[PR]

by sitejm | 2013-10-25 21:30 | たまには映画を