The Great Gatsby(2013)

d0051212_23195026.jpg バズ・ラーマンの世界ですな~!

 ワテクシは旧「華麗なるギャツビー」を観ていないので、ストーリーも何もほとんど知らずに観ました。

 昔の映画だから、ストーリーは結構シンプルで、複雑ではありません。

 その分、演出に凝ったのですかね。

 だから、バズ・ラーマン監督だったのか?

 この監督が好きな人だったら、結構楽しめたのではないかな。

 映画に愛と勇気と感動を求める人には楽しめないかもしれませんが。 

 ワテクシ的には、

1.バズ・ラーマンの世界は相変わらずか?

2.どっからどう観ても美形のロバート・レッドフォードの後任を、真正面から見たら・・・なレオナルド・ディカプリオがどんな感じで務めるのか?

3.そして、ディカプリオと実際に幼馴染であるトビー・マグワイアが、ディカプリオ演じるギャツビーの隣人をどんな風に演じるのか??(トビーは確か、子供のころ、本当にディカプリオの近所で育ったのですよね?)。

 という辺りが気になっていました。

1.に関しては、相変わらずでしたわ。
d0051212_23203871.jpg

 この監督は、本当に、本来は美しいであろう光景を汚らしく魅せるのが上手だなあ、と思います。
 この監督の作品では、ワテクシは「ダンシング・ヒーロー」は大好きで、「ムーラン・ルージュ」はあんまり面白くなかったです。いずれにせよ、共通するのはド派手でむごたらしい世界。
 色彩ときらめきの中、主役のディカプリオとその隣人役のマグワイアがなぜかモノトーンで際立っているように見えました。

d0051212_23205537.jpg2.ディカプリオはなぜか、船越栄一郎に似てきたことないですか??(ワテクシ的には船越さんは嫌いじゃないです) 
 真正面から見ると失礼ながら芸人さん顔ですけれど、ディカプリオは横顔に品があるのですね。
 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン?」でも、横顔が素敵な人だなあ、と思ったものです。
 また、キャッチ・ミー・・・の詐欺師ぶりとも、ギャツビーの役柄はある意味、かぶっているし、少し変質的なところが、彼が今まで演じてきた役柄(ディパーティッドとかアビエイターとか)を彷彿とさせて、それはそれでワテクシには面白かったです。
d0051212_2321873.jpg


3.トビー・マグワイアといえば、NYの悩める素朴なヒーロー(スパイダーマン)なんですが、ディカプリオと同じで、この人もどんな映画に出ていても演技派だなあ、と思います。
d0051212_2321245.jpg ギャツビーの地味な隣人ニックを彼は演じており、若くてこれから!という生まれたてのヒヨコみたいな無防備な表情と、眉間にしわを寄せた神経質そうな表情をうまく演じ分けていました。

 実世界でも友人のレオナルドが華やかなギャツビーを演じるのに、トビーは地味なニックを演じるってどういう感じかな??と余計なお世話な心配をしました。

 でも、ディカプリオは主役級の変人を演じる天才ですが、トビーのように素朴な青年を地味に演じることはできないかもしれない、と最後に思いました。それぞれ個性がありますよね。

 それと、詐欺師のインド系の男として、インドの名優アミダブ・バッチャンがカメオ出演!
 なんて贅沢な映画だったのでしょう。

 ふと、バズ・ラーマン監督がインド映画を撮ったら相当面白そうかも、と思いました。
[PR]

by sitejm | 2013-06-24 23:06 | たまには映画を