Pulp Fiction

 雑談中にふと、「パルプ・フィクション」観たことある?って聴かれ、あるある~、って応えた、、、

d0051212_22133429.jpg ・・・ものの、よく覚えていないことに気づいて、また観てみました。

 1994年って、20年くらい前の映画なんですよ!

 なんか若い頃より、わかりやすくなっていた気がする。

 年取るって、案外、意味の或ることなのかもしれませんね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 二人の殺し屋ジュールス・ウィンフィールド(サミュエル・L・ジャクソン)とヴィンセント・ヴェガ(ジョン・トラボルタ)は、ボスのマーセルス・ウォレスからスーツケースを盗んだ奴らの下に送り込まれた。
 ヴィンセントはマーセルスから、彼の留守中、妻のミア(ユマ・サーマン)の外出に付き合うよう頼まれていた。

 ブッチ・クーリッジは年食ったボクサー。
 マーセルスから負け試合をすれば金をもらえる約束だった。
 
 つながりのないはずの男たちの命が、奇妙な形で偶然、係わり合い・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 yahoo!USAのyahoo!movieから訳しましたが、文字で書くとなんて面白くないね~!

 冒頭、ティム・ロス演じるパンプキンという男とアマンダ・プラマー演じるハニーバニーが暴走。
 即座に画面が切り替わり、スーツ姿でドライブ中のサミュエル・L・ジャクソンとジョン・トラボルタ。
 彼らの長いくだらないおしゃべりを聴いているうちに、背景がわかってくる。
 彼らのお話は後のセリフにも関係してくるのでなんだか面白い。
d0051212_22205137.jpg
  
 ボスのマーセルスの妻ユマ・サーマンも、美人で色っぽいのに間抜けな感じ。
 コカイン好きなもんで、ヴィンセントの持っていた上物のヘロインを鼻から吸っちゃって(ヘロインは静脈注射、コカインは鼻から吸引)、泡吹いてぶっ倒れてました。

 こういう人、案外、いそうで面白いんですわ。
d0051212_22211773.jpg


 相方に「パルプ・フィクション観たこと或る?」って聴いたら、ああ、ブルース・ウィリスの、と。

 出ていたかな??と思ったけれど、出てましたわ。年食ったボクサー役で。
d0051212_2222283.jpg


 このときはブルース・ウィリスは売れっこ時代なので、18日しか撮影に参加しなかったんだとか。
 映画ではかなり重要な役どころだと思えましたけどね。
d0051212_2224015.jpg

 ↑こういうシーンでもなけりゃ、この人はタランティーノ映画に出てくれなかったかもしれませんね。

 それにしても、ジョン・トラボルタ、魅力的なんです~。

 全然、好みじゃないのに。

 太っていて、はげそうな額をしていて、おっさんくさそうなのに。

 あんな靴下姿で70年代のダンスして、ちっともかっこよくないのに。
d0051212_22243556.jpg


 タランティーノはジョン・トラボルタのファンで、彼がサタデー・ナイト・フィーバーなどのダンス映画以後、落ち目だったことを残念に思ってて、パルプ・フィクションに出てもらったところ、再ブレイクしたというお話は有名ですね。

 売れっ子ブルース・ウィリスとの競演って、トラボルタ的に、ブルース的に、どうだったのでしょうね。
 
d0051212_22252146.jpg

 
 トラボルタさんは飛行機の操縦士の資格を持っていて、米国南部でのハリケーン被害時に自家用飛行機で被災地に支援物資を運んだ人ですが、そういうところが、まさにセレブだな~、と。
d0051212_22293100.jpg


 話をストーリーに戻すと、冒頭のカップルの暴走は映画の後半にもつながってきて、そういう工夫が面白い気がしました。

 若いときは、なんだかB級やな~、、って思うだけだったけれど。

 サミュエル・L・ジャクソンが最後、しぶく決めてます。
 トラボルタと併せて、おっさん、万歳!って感じのラストです。
 
 正直に生きれば、いいこともある、っていう気がしてきた。
[PR]

by sitejm | 2013-02-27 22:30 | たまには映画を