GLORIA

 相方に薦められて観てみました。
d0051212_1075748.jpg
 古い映画ですけれど、なかなかハラハラ・ドキドキ。
 
 ある組織の会計をしていたプエルトリコ系の男が、組織の情報をFBIに漏らしていたことがばれ、組織に追われる羽目に。

 男の妻の友人で、かつて組織に関与していたグロリア(ジーナ・ローランズ)が、たまたま妻の元に珈琲を仮にきたところ、息子のフィルを委ねられ、その後、一家はフィルを除いて惨殺される。

 グロリアは6歳のフィルを連れて逃げ惑うのですが、子供嫌いの彼女が、フィルに「ママは美人だけど、あんたは違うからママじゃない」と悪態をつかれながらも、銃を片手に1人で組織と闘う様子に引き込まれます。

 ジーナ・ローランズは派手なアクションをするわけでもないのに、気迫たっぷり、度迫力。

 女性らしく、きちんと身奇麗にして、オシャレにしている様子もこの映画の魅力かも。

 映画が作成されたのは1980年頃。

 かつてグロリアの男だった、組織のトップが、かつての情婦にすぐには手を出せない様子も、なんだか人間くさい当時の時代背景を思い起こさせていい感じ。

 アラフォー以降の女性にお勧めかも。 
[PR]

by sitejm | 2010-08-07 10:10 | たまには映画を