ウンウントリウム

 理化学研究所が113番目の元素を発見したらしい。

 ジャポニウムと命名する案があったが、過去にニッポニウムという元素の認定が取り消されたことから、リケニウム(理研のリケ!)との命名を希望しているんだとか。

 ジャポニウムと聞いたときは元素記号は「Jp」ですかねえ、と人と話していたのだが、リケニウムになると、「Rk」になるんだろうか。

 いずれにせよ、2月に先行発表してたロシアを破る理研の快挙。

 さすが、湯川秀樹、朝永振一郎など、優秀な科学者を輩出している機関やね。

 それにしても、しばらく科学から離れている間に(しばらくってかれこれ8年くらいになりますが)いろんな元素が世に現れているのにはびっくりする。

 厳密には、知らない元素が縷々IUPACに認定されている。

 Db、Sg、Bh、Hs、Mt、Dsなど、いまや旅行のことしか頭にない私には、
「ダブリン」「シンガポール」「ブータン」「ハンツビル」「モンタナ」「デュッセルドルフ」
としか読めないが、正解は
「ドブニウム」「シーボーギウム」「ボーリウム」「ハッシウム」「マイトネリウム」「ダルムスタチウム」だそう。

 ちなみに、今回発見された(仮)Rkは、発見後、正式にIUPACに認証されるまでの間、「Uut」と仮称がつけられていた。

 読み方は「ウンウントリウム」。

 ほんまかい?と、笑っちゃうけど、国際機関が正式な規則にのっとって名づけるとこうなる。元素記号の各数字(おそらくラテン語)に基づくようだ。

 (仮)Rkならば、113番なので、1=Un 3=triとすれば、113=Ununtriumとなる。(参考:ウィキペディアのサイト)
 
 ついでに、Jmっていう新元素はないかと思ったけど、なかったよ。
[PR]

by sitejm | 2004-09-28 23:51 | 科学