蜘蛛の糸

 spider・・と聞くと、spider's thread・・・芥川龍之介・を連想してしまうのは、年のせいか、自分の性格のせいなんだか・・。

d0051212_1522850.jpg そうじゃなくて、今日、スパイダーマン2を見てきたところ。

 前作を2,3年前にマレー語のDVDで見て、言葉もわからないのに十分過ぎるほど面白かったので、とても期待していた。

 当然、サム・ライミは私を裏切らなかった。

 元々、人間くさいヒーローではあったが、今作はさらにスパイダーマンが有機的であり、かつそれが彼をより魅力的に見せている気がする。

 ピーターの感情が、あの素早い動きと雄叫びに表現されているのも、観客の感情の動きにぴたっと一致していて、楽しい。

 トビー・マグワイアは、神経質そうな額とベビーフェイスから、ポスト・ユアン・マクレガー辺りかなあ、と思ってみていたけど、憂いを帯びた瞳が一方でM.Jフォックスを彷彿とさせるようなコメディアン的なびっくりお目目も演じ、かつ体がびしっと鍛えられているところが新しいのかなあ、と。

 でも、なんと言っても女性をきゅんとさせるのは、急にビルから降りられなくなったスパイダーマンがエレベーター内で住民と鉢合わせ、コスチューム、いかしてるねという相手に、もじもじしながら
「チクチクするんだ・・股に食い込むし・・」
と辛さを告白するシーンじゃないだろうか。

 あんなキュートなヒーロー、見たことない。
[PR]

by sitejm | 2004-07-17 23:20 | たまには映画を