ダーティ・ダンシング

d0051212_1451156.jpg 二十年以上前の有名映画を、なんとなく見始めたのですが、やはり、名画は名画ですな~!

 何から何まで忙しい今の時代に見たって、面白いのですわ。
 ストーリーも映像も。以下、yahoo!USAのMovieから訳。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1963年の夏、ベイビー(ジェニファー・グレイ)は家族とともにキャッツキルで夏のバカンスを過ごしていた。
 ベイビーは、この機会を利用して、ウィッグをつけ、メレンゲダンス(サルサっぽいダンス)教室に参加する。
 彼女はリゾート地のダンス講師・ジョニー・キャッスル(パトリック・スウェイジ)に出会い、すべてが一変する。
 ベイビーはジョニーから新たなダンスステップ-ダーティ・ダンス-を教わったのだ。
 そのダンスは彼女の中から、今までになかった強さや才能を引き出し、彼女を取り巻く世界は大きく変わり、彼女は成長していく。
 彼女はリズムとブルースで、ジョニーへの愛を表現する。(yahoo!USAのMovieより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 この紹介はちょっと大事なところを端折っていますが、要は身分違いの恋がテーマ。

 裕福な医師家庭のお嬢様ベイビーと、飛びっ切りのダンサーであるにもかかわらず、ダンスで何とか生計を立てているジョニー。d0051212_15305687.jpg
 ベイビーはジョニーのことを、家族に紹介することもできず、このことがジョニーを傷つける。

 そして、ジョニーのダンス・パートナー(ジョニーの恋人ではない)のペニーは、ホテルのレストランのボーイ(医学部生でもある)のロビーに妊娠させられている。ロビーは、ベイビーの姉のリサにちょっかいを掛けていた青年だ。でも、ジョニーもペニーも仕事を失うのを恐れ、口を閉ざし、割安の違法堕胎の費用すら捻出できないでいる。

 ベイビーとジョニーの恋に気づいた、ベイビーの父親も苦しむ。
 大事な娘をこんな男に・・・、という父親の思い。 
 彼は、ジョニーがペニーを妊娠させ、違法な堕胎のあげく、ペニーの身体を傷つけたのだと誤解していた・・・。

 ダンスの軽さと対照的に、中身はひどく重い気がしました。

 パトリック・スウェイジのバレエ仕込の美しいダンスも魅力的です。
 彼はルックスは微妙なんですが、「ハート・ブルー」でも見せた体のキレのよさは、名立たる俳優の中で抜きん出ていると、ワテクシは思います。

 このパトリック・スウェイジ、去年の夏(2009年9月)、すい臓がんで亡くなっていたのですね。
 「ゴースト」であれほど日本でも騒がれたのに、日本の新聞には載っていなかったような。。
 御冥福を。
 
[PR]

by sitejm | 2010-01-10 23:42 | たまには映画を